「ユア ソング ~僕の歌は君の歌」(Your Song – Bernie Taupin / Elton John)

line1



Lady Gaga – Your Song (Audio)
(Your Song – Bernie Taupin / Elton John)
新学期・新年度も始まり、新たな一歩を踏み出すあなたに、レディー・ガガの歌う「ユア ソング」です。
「ユア ソング ~僕の歌は君の歌」はエルトン ジョンの長期に亘る共同制作者である、イギリスの作詞家、詩人、歌手バーナード・ジョン・タウピンとの作品です。二人は1967年に新鮮なソングライターを見出す音楽雑誌「New Musical Express ( NME )」への応募を機に知り合いその後デュオを組みました。そして二人の出会いによって、エルトンの音楽的・パフォーマーの才能とタウピンの高い文学的素養による名曲の数々が生まれました。とは言ってもタウピンの書く詞は韻を踏んだ言葉は美しく、それでいて極めてシンプルな率直さによって聴く人に語りかけるような発信力を持っています。ユア ソングの出だしの「It’s a little bit funny this feeling inside ちょっと変なかんじのこの気持ち」、この日常聴きなられたフレーズで一気に歌の世界に引き込む巧みさがあります。そして「I hope you don’t mind that I put down in words 気にすることないよ、僕が書いた言葉なんて」、「How wonderful life is while you’re in the world なんて素敵な生きるよろこび、君がいる世界での」、一つの言葉が世界を包み込むような、単なるラブソングを超えた高揚感とメッセージ性が花咲くように拡がります。ちょっと長くなりましたが、とにかく「ユア ソング ~僕の歌は君の歌」はエルトン×タウピンの時代を超えた最高傑作(個人的意見)です。さらに言えばこのレディー・ガガはベストカヴァーです(*^-^)

「ユア・ソング~エルトン・ジョン ベスト・ヒッツ・カヴァー」2018年4月18日発売。

It’s a little bit funny, this feeling inside
I’m not one of those, who can easily hide
I don’t have much money, but boy if I did
I’d buy a big house where we both could live

If I was a sculptor, but then again no
Or a man who makes potions in a travelling show
I know it’s not much, but it’s the best I can do
My gift is my song and this one’s for you

And you can tell everybody, this is your song
It may be quite simple but now that it’s done
I hope you don’t mind, I hope you don’t mind
That I put down in words
How wonderful life is while you’re in the world

I sat on the roof and kicked off the moss
Well a few of the verses, well they’ve got me quite cross
But the sun’s been quite kind while I wrote this song
It’s for people like you, that keep it turned on

So excuse my forgetting, but these things I do
You see I’ve forgotten, if they’re green or they’re blue
Anyway, the thing is, what I really mean
Yours are the sweetest eyes I’ve ever seen


Elton John – Your Song (1970) Live on BBC TV


Ellie Goulding – Your Song

line1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です