ZAZ “Paris” 2014

line1

zaz-paris

ザーズ (Isabelle Geffroy イザベル・ジュフロワ)
公演2015/11/16(月) ~ 2015/11/20(金)東京都/大阪府。


ZAZ – Champs Elysées 「オー、シャンゼリゼ」アルバム『パリ~私のパリ~』より
From the París 2014 ZAZ
エグゼクティブ・プロデューサーにクインシー・ジョーンズを迎えて作られた、ちょっとノスタルジックと現代性を持ったザーズの魅力が詰まった傑作アルバムです。
考えてみると、最近このアルバムばかり聞いているような…。


ZAZ & PABLO ALBORAN – “SOUS LE CIEL DE PARIS”  「パリの空の下」

パリの空の下(適当な訳詞です。)

パリの空の下
鼻歌が聞こえる
フム ム
それは今日少年の心に芽生えたもの
パリの空の下
恋人たちは散歩する
彼らが感じている幸せを
確かめているかのよう
ベルシー橋の下では
哲学者が座っていて
2人の音楽家と何人かの見物人
その後に続く何千人の人々

パリの空の下
夜まで歌が流れる
国歌を愛する人々
旧市街地から
ノートルダム大聖堂の近く
時には浮かないドラマ
そう、でも物語は
みんな変えられてゆくもの
夏の空の光線
船乗りのアコーディオン
希望の花咲く
パリの空

パリの空の下
喜びの川が流れる
それは、夜でおしまい
路上生活者や物乞い
パリの空の下
幸運の神様の鳥たちが
世界中からやってきて
ささやき始める
パリの空
彼のために秘密にしてること
20世紀から愛している
私たちのサンルイ島から

島が微笑むと
空は青くなって
パリに雨が降るとき
それは悲しいとき
ときにはやきもちを焼いて
何百万の恋人たちに
叱っているよう
明るい雷を光らせて
でも、パリの空は長いいじわるはしないの…
償いには、虹を架けてくれるの


ZAZ – “Paris sera toujours Paris”「パリはパリ」
モーリス・シュヴァリエ(Maurice Chevalie)作 1939年のドイツ軍侵攻前夜の前に作られた歌で、それでもパリは世界一の街なのだから、いつまでも変わらないさと、悲観と楽観が混じりあった当時のパリ市民の心情が反映されています。


ZAZ – JE VEUX – LIVE


ZAZ – FCF révise ses classiques

line1

zaz-paris3

ザーズを知らない貴方のためのおさらい。↓


Zaz – On ira


Zaz – Eblouie par la nuit

line1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です