「500マイル」ザ・フーターズ:500 miles – The Hooters


The Hooters – 500 Miles 1989

1980年代にブレイクしたザ・フーターズ(The Hooters)の「500マイル」(500 miles)です。ザ・フーターズはいろいろな楽器を使いこなしますが、この「500 Miles」も見事なアレンジでカバーしています。PVの演出も楽器と線路や貨車などをダブらせています。また歌詞の内容を少し変えて、反戦のメッセージを加えています。伝統的な歌の歌詞を変えることは、原曲の持つ意味が薄れるので嫌いなのですが、この「500マイル」は元々そうして生まれた歌なので、時代とともに変っても良いとも思います。

「500 Miles」(邦題:500マイルも離れて)はヘディ・ウエスト(Hedy West:1938-2005)の1961年のファーストアルバムに収録されました。元々はアメリカ東北部のトラディショナル・ソングだということですが、ランブリン・ジャック・エリオット(Ramblin’ Jack Elliot)が歌ったトラディショナル・ソング「900 miles」が元になっています。
ヘディ・ウエストの歌を聴くと望郷の想いと今の自分が歌われていますが、「900 miles」と共通する歌詞があることが分ります。これがピーター・ポール&マリーでは、詳細は省かれて望郷の想いだけが残されています。この歌はよくボーボーの気持ちを歌っていると言われていますが、特にホーボーに限ることはないと思います。大恐慌時代にも故郷を遠く離れている人たちはたくさんいました。60年代のフォークソング・リバイバルでは、大恐慌時代は既に過去のものだったので、より身近なホーボーのイメージとなったのだと思います。それはともかく、故郷を離れた人たちにとっては共通の、望郷の想いと一種のとまどいがよく表現された名曲です。
はじめてこの歌を聴いたときは、簡単な英語なのによく意味が分からなかった記憶があります。「なんで、100マイルも離れているのに警笛の音が聞こえるの?」と思ったものです。その答えは、「900 miles」の歌詞「The train I ride on Is a thousand coaches long. You can hear that whistle blow a hundred miles.」で、1000の客車の長さがあれば確かに聞こえます。でも、これは単なる比喩でしょうが。「900 miles」の歌は、家からの手紙を読んで、何としてでも900マイル先から帰るというものですが、ドラマがあります。

The Hooters – 500 miles

If you miss the train Im on, you will know that I am gone
You can hear the whistle blow a hundred miles,
A hundred miles, a hundred miles,
A hundred miles, a hundred miles,
You can hear the whistle blow a hundred miles

Not a shirt on my back, not a penny to my name
And the land that I once loved was not my own
Lord Im one, Lord Im two, Lord Im three, Lord Im four,
Lord Im five hundred miles away from home

A hundred tanks along the square,
One man stands and stops them never
Some day soon, the tide will turn, and Ill be free
Ill be free, Ill be free, Ill come home to my country,
Some day soon the tide will turn and Ill be free

If you miss the train Im on, you will know that I am gone
You can hear the whistle blow a hundred miles,
Lord Im one, Lord Im two, Lord Im three, Lord Im four,
Lord Im five hundred miles away from home
Lord Im five hundred miles away from home
Ill be free, Ill be free, Ill come home to my country,
Lord Im five hundred miles away from home
You can hear the whistle blow a hundred miles
Lord Im five hundred miles away from home


500 Miles By Hedy West


Peter Paul Mary

500 Miles
(Peter Paul Mary)

If you miss the train Im on, you will know that I am gone
You can hear the whistle blow a hundred miles,
A hundred miles, a hundred miles, a hundred miles, a hundred miles,
You can hear the whistle blow a hundred miles.

Lord Im one, lord Im two, lord Im three, lord Im four,
Lord Im 500 miles from my home.
500 miles, 500 miles, 500 miles, 500 miles
Lord Im five hundred miles from my home.

Not a shirt on my back, not a penny to my name
Lord I cant go a-home this a-way
This a-away, this a-way, this a-way, this a-way,
Lord I cant go a-home this a-way.

If you miss the train Im on you will know that I am gone
You can hear the whistle blow a hundred miles.


Bert Jansch – 900 Miles

900 miles

I’m walking down this track,
I’ve got tears in my eyes,
Trying to read a letter from my home.
If this train runs me right
I’ll be home tomorrow night.
I’m nine hundred miles from my home.

I’ll pawn you my watch
And I’ll pawn you my chain;
Pawn you my gold diamond ring.
If this train runs me right
I’ll be home tomorrow night.
I’m nine hundred miles from my home.

The train I ride on
Is a thousand coaches long.
You can hear that whistle blow a hundred miles.
If this train runs me right
I’ll be home tomorrow night.
I’m nine hundred miles from my home.

If my woman says so
I will railroad no more
I’ll sidetrack my wheeler and go home.
If this train runs me right
I’ll be home tomorrow night.
I’m nine hundred miles from my home.
And I hate to hear that lonesome whistle blow.

ザ・フーターズWikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です