「朝日のあたる家」ボブ・ディラン:House of the rising sun Bob Dylan 1962


1962 Bob Dylan House of the rising sun


Woody Guthrie- House of the rising sun

「朝日のあたる家」(House of the rising sun)は、アメリカのトラディショナル・ソングで、1941年にウッディー・ガスリー、1948年にレッドベリー、1960年にジョーン・バエズ、1962年にボブ・ディランが録音しています。その他にも多くの歌手がカバーしています。
一般には1964年のアニマルズのヒットで有名です。アニマルズのアラン・プライス(キーボード)のアレンジと、エリック・バードンのヴォーカルはドラマチックなのですが、アニマルズのバージョンは一部歌詞を変更、省略しているので、やや意味不明となっています。
そこで、この歌の最良なバージョンはボブ・ディランのものだと思います。ウッディー・ガスリー、レッドベリーが近代に発掘し、ボブ・ディランがそれに現代的な息を吹き込んだものです。このブログでも古い歌を紹介していますが、20世紀前半までのポップスやフォークソングの歌唱方法は、歌手が過度に感情移入するものではありませんでした。(人前で感情を露にするのは、品がない、あるいは恥ずかしい行為といった考えが根強かった時代です。)そのため、今の人が古い歌を聴くと少し物足りないと感じるようです。その古い歌唱方法に変化をもたらしたものは、ロックンロールによる既成音楽の吸収と再生であったと思います。戦後、ロックンロールは、若者の感情の開放という役割を持って生まれた音楽でしたので、その方法として多様な変化を求めました。リズム、歌詞、そして歌唱方法も同様です。ロックンロールの歌唱に最も大きな影響を与えたのはブルース、ゴスペルの歌唱でした。そして、その波及効果として、一般のポップスにおいても感情移入する歌唱方法が広まったと言えます。
ボブ・ディランは、近代フォークのエッセンスをウッディー・ガスリーやレッドベリーから受け継ぎましたが、同時にロックンロールの洗礼を受けていたので、「朝日のあたる家」に劇的ともいえる歌唱を与えることが出来たのです。ですから、アニマルズのロックバージョンが出来ることも、後年にボブ・ディランがロックに転向していったのも当然のことと言えます。というよりも、ボブ・ディランには最初からロックの血が流れていたということだと思います。ですから、今、私たちが知っている「朝日のあたる家」はボブ・ディランによる功績だと言えます。歌の前半は、まるで年老いた女性の語り口のような淡々としたモノローグで、後半は声を振り絞るように悲しみ込めて歌い、そのコンストラクトが聞くものに深い印象を与えます。この悲愴な歌唱とアレンジは早熟ともいえるボブ・ディランの才能をよく現しています。アニマルズのバージョンもこの歌唱の発展形と言えます。
アニマルズのロックバージョンでは、やや意味不明になっている歌詞も、ウッディー・ガスリーとボブ・ディランのバージョンでは鮮明です。歌の内容は、『ギャンブラーの恋人を持っていたために町から町を転々として、犯罪まで犯し、最終的には「the rising sun」(本当に「朝日があたる家」「朝日が登る家」というよりも、建物の呼び名・屋号といった固有名詞)という娼館?に堕ちてしまった。』という身の上話です。(歌詞に難しい言葉もないので、訳詞は割愛します。)古いフォークソングやブルースには、よく同様な身の上話の形式の歌があります。

「朝日のあたる家」(House of the rising sun:歌詞)

There is a house in New Orleans they call the Rising Sun
And it’s been the ruin of many a poor girl and me, oh God, I’m one

My mother was a tailor, she sewed these new blue jeans
My sweetheart was a gambler, Lord, down in New Orleans

Now the only thing a gambler needs is a suitcase and trunk
And the only time he’s satisfied is when he’s on a drunk

He fills his glasses up to the brim and he’ll pass the cards around
And the only pleasure he gets out of life is rambling from town to town

Oh, tell my baby sister not to do what I have done
But shun that house in New Orleans they call the rising sun

Well with one foot on the platform and the other foot on the train
I’m going back to New Orleans to wear that ball and chain

I’m going back to New Orleans, my race is almost run
I’m going back to end my life down in the rising sun

There is a house in New Orleans they call the Rising Sun
And it’s been the ruin of many a poor girl and me, oh God, I’m one


The Animals – House of the Rising Sun (1964)


リビー・ホルマン Libby Holman – The House of The Rising Sun 1940s
リビー・ホルマン(Elizabeth Lloyd Holzman)は、主に劇場で黒人音楽であったブルースを歌って活躍した歌手です。その音楽経歴から当時の黒人差別に対して深く共感し公民権運動にも参加した人です。


Nina Simone – The House of The Rising Sun
ニナ・サイモン、この人は高い教養を持った自由人であり、天才!。古い黒人ブルースである「朝日のあたる家」に、常識で縛られることなく、独自の解釈でこの歌の歴史に新たな可能性を提示しました。

朝日のあたる家:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です