ベット・ミドラー「ローズ」 Bette Midler – The Rose

1979年にベット・ミドラーが始めて映画に主演した『ローズ』の主題歌。有名すぎる歌、そして聴けば誰でも共感できる名曲なので敢えて解説しません。貴方だけがこの歌が身にしみる時に思い出してください。
ただ、歌詞と拙い訳だけ掲載しておきますが、韻を踏んだ美しいと言葉にも注目してください。

「ローズ」とは関係有りませんが、ベット・ミドラーの最初のアルバム「The Divine Miss M 」(1973年グラミー賞)に収録された、アンドリュー・シスターズの”Boogie Woogie Bugle Boy Of Company B” は、当時は珍しかった、一人多重録音で歌い、そのドライブ感ある歌声とともに、彗星のごとく現れた才能の豊かさに驚きました。このアルバムは他に、”Do You Want To Dance?”、”Friends”,などを含む名盤です。ということで、衝撃のメジャーデビューから今までエンジン全開、パワフルで明るいキャラクターで歌に映画に才能を発揮、ポジティブなアメリカ女性の代表のような女性です。

Bette Midler – The Rose (Oprah, 1995)

The Rose”

Some say love, it is a river
that drowns the tender reed.
Some say love, it is a razor
that leaves your soul to bleed.
Some say love, it is a hunger,
an endless aching need.
I say love, it is a flower,
and you its only seed.

It’s the heart afraid of breaking
that never learns to dance.
It’s the dream afraid of waking
that never takes the chance.
It’s the one who won’t be taken,
who cannot seem to give,
and the soul afraid of dyin’
that never learns to live.

When the night has been too lonely
and the road has been to long,
and you think that love is only
for the lucky and the strong,
just remember in the winter
far beneath the bitter snows
lies the seed that with the sun’s love
in the spring becomes the rose.

「ローズ:意訳」

愛について人は、川のようだと言う
優しささえも飲み込んでしまうな
愛について人は、かみそりのようだと言う
あなたの魂さえもほど切り裂くような
愛について人は、飢えのようだと言う
求めても満たされることがない
私なら愛は花だと言うわ
そしてあなたはかけがえのない種なの

心が傷つくことを恐れていては、
ダンスを学ぶこともできない
夢が破れることを恐れていては、
チャンスをつかむこともできない
獲られることを拒んでいる人は、
与えることもできない
死ぬことを恐れる魂は、
生きることも学べない

孤独すぎる夜、
道が遠いと感じるとき、
あなたが、愛は結局
運が良くて強い人のためにあると思うとき
ちょっと冬を思い出して
苦い雪の下でじっとしている種を
太陽の恵みを受けて
春になれば、薔薇になる

line1
聴き比べ

LeAnn Rimes Performs “The Rose” with The Gay Men’s Chorus of Los Angeles

Bonnie Tyler – The rose

ベット・ミドラー Bette Midler Wikipedia
オフィシャル・サイトは、リニューアル中のようです。

0 thoughts on “ローズ [歌詞和訳] ベット・ミドラー : Bette Midler – The Rose”

  1. chao さん

    温かいコメントありがとうございます。

    「ローズ」の韻を踏んだ歌詞は、そこに言葉を超えた人生の真実、抒情が見事に表現されていると思います。それ故に、私たち日本人にとっても、古くは万葉の時代から日本人の血にも流れている、たとえ辛いときがあっても、凍てつく冬を耐えて、春には花咲く薔薇に想いを寄せることができるのだと思います。
    幼稚園に入園されるお孫さんは「薔薇の蕾」、大切な人を想う心をいつまでも伝えていってあげてください。

  2. 素晴らしいブログありがとうございます。東北震災の翌年に結婚した息子夫婦は、二人とも若く生活の不安も多く、お互い傷つくこともありました。 都度励ましていました。そんなある時、かける言葉がなかった私は新たな娘にこの曲を聴いてくださいとメッセージを贈りました。 その年、孫が誕生し、今春、幼稚園に入園します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です