Sergio Mendes + Brasil 66 – MAS QUE NADA

Sergio Mendes and Brasil 66 Day Tripper

Sergio Mendes & Brasil 66 – The Fool On The Hill (1968)

セルジオ・メンデスとブラジル66(Sergio Mendes + Brasil 66)

マシュケナダの歌は、スラングが使われていて、辞書をひいても良く分りませんが、おおまかな意味は、「いい感じだよ。俺の前を通るなんて、先に行きたいたいのに。何をしたいかって、サンバを踊りたいのさ。ベールに包まれたような素敵なサンバ、マラカト(踊り)をミックスした、昔のように素敵なサンバをさ。ほら、どうだい、こんなサンバはとてもクールだろ。あんたもどうだい、いっしょに踊りたくなるだろ。」(ちょっとあやしい、ほとんど訳詩)という感じです。理屈なしに、サンバを踊り、楽しみたいという内容です。
セルジオ・メンデスは、優れたアレンジャーでした。「マシュケナダ」もブラジルのシンガー・ギタリスト、ジョルジ・ベンジョール(Jorge Ben Jor, 1942年3月22日 – )の曲をアレンジして、ヒットさせたものです。ビートルズの「デイ・トリッパー」も「フール・オン・ザ・ヒル」もビートルズ・ファンも唸らせる、とても素敵なボサノヴァ調のアレンジです。私もオリジナルのビートルズしか認めたくなかったほどの、ビートルズの大ファンですが、この2曲はオリジナルと同じか、それ以上に好きなものです。

“Mas Que Nada” マシュケナダ:ポルトガル語歌詞

Oaria raio
Oba Oba Oba
Oaria raio
Oba Oba Oba

Mas que nada
Sai da minha frente
Eu quero passar
Pois o samba esta animado
O que eu quero e sambar
Este samba
Que e misto de maracatu
E samba de preto velho
Samba de preto tu

Oaria raio
Oba Oba Oba (la la la la la)
Oaria raio
Oba Oba Oba (la la la la la)

Oaria raio
Oba Oba Oba

Este samba
Que e misto de maracatu
E samba de preto velho
Samba de preto tu (la la la la la)

セルジオ・メンデスWikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です