雨音はショパンの調べ 小林麻美

雨音はショパンの調べ(小林麻美)のオリジナルは1983年のガゼボ(Gazebo)の『I LIKE CHOPIN』(作曲Pierluigi Giombini:作詞Paul Mazzolini)ですが、小林麻美さんのカバーは訳詞(と言うより作詞)が松任谷由実。オリジナルが甘い恋の囁きであるのに対して、日本語歌詞はどこか秘密の恋めいた雰囲気でドラマがありました。80年代にはもうすっかり消えていた洋楽カバーの世界に一石を投じた意欲作でもありました。
このカバーは、この曲に関する全体のコンセプト、歌、PV、アレンジ、イメージ戦略などをも含めて、オリジナルをはるかに超えていると思いました。画家、合田 佐和子さんの素敵なジャケット・イラストも品良くつい買ってしまいたくなるほどでした。(昔は紙ジャケットのシングル盤レコードという音楽ファンの購買意欲をそそる物があったのですよ。)

I Like Chopin – Gazebo オリジナルPV
曲の良さに比べて、退屈で少しクオリティが低いPVじゃないですか?
オリジナルの歌詞もチープでありきたりなので訳しません。

I like Chopin 歌詞

Remember that piano
So delightful unusual
That classic sensation
Sentimental confusion
Used to say
I like Chopin
Love me now and again
Rainy days never say goodbye
To desire when we are together
Rainy days growing in your eyes
Tell me where’s my way
Imagine your face
In a sunshine reflection
A vision of blue skies
Forever distractions

雨音はショパンの調べ 作詞:松任谷由実

耳をふさぐ 指をくぐり
心 痺らす 甘い調べ

止めて あのショパン
彼にはもう会えないの

Rainy days 断ち切れず
窓を叩かないで
Rainy days 気休めは 麻薬 Ah…

ひざの上に ほほをのせて
「好き」とつぶやく 雨の調べ

やめて そのショパン
想い出ならいらないわ

Rainy days 特別の人でなくなるまで
Rainy days 暗号のピアノ Ah…

やめて そのショパン
想い出ならいらないわ

Rainy days 断ち切れず
影にふり返れば
Rainy days たそがれの部屋は Ah…

Rainy days 特別の人は胸に生きて
Rainy days 合鍵を回す Chopin Ah…

小林麻美Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です