Marion Harris – After You’ve Gone (1918)

Bessie Smith – After You´ve Gone

Judy Garland – After You’ve Gone, Live Recording 1959

Nina Simone – After You’ve Gone(1974)

After You’ve Gone(邦題:君去りしのち)です。とにかくたくさんの歌手がカバーしている歌です。原曲は、ヘンリ・クリーマとターナー・レイトンです。
一番上の1920年代の人気歌手マリオン・ハリス(Marion Harris 1896-1944)の録音が一番古いものです。ところどころ聞きなれたメロディがあると思われる方もいると思います。そうです。この曲は当時流行のメロディをつなぎ合わせて作られた即興的なものだったからです。良いとこ取りのような曲ですが、それがかえって親しみやすく、歌詞の良さがあって多くの歌手や楽団がカバーしました。

ところがカバーされる度に曲調がどんどん変化して行きました。1927年のベッシー・スミスでは、ブルース調になり、原曲とは違う歌のようです。そしてこのブルース調のイメージがしばらく続きますが、その頃の1934年には、あの有名なコールポーターが、原曲のフレーズを使ってエニシング ゴーズ (Anything Goes)を作ってしまいます。(歌い出しの小節はそのままだと思いませんか?)そしてまた時代の流れとともに、この歌はビッグバンドジャズのアレンジに変ります。2番目の動画のジュディ・ガーランドです。そして1974年にはニーナ・シモンが、ベッシー・スミスとは違った解釈で歌いました。3番目の動画です。

こんなに多くのカバーがあって、こんなに変化した歌は他にはないと思います。それは歌詞が、いろいろな解釈を可能にしているからだと思います。主人公が男と女では、まるで違うものになります。歌の内容も、怒って突き放しているのか、悲しんで未練を語っているのか、歌う人と聴く人それぞれの解釈が出来る歌です。(歌手の解釈によって歌詞も変えられています。)ですから、この歌の訳詩はできません。同じ歌でも歌手ごとに解釈が変るからです。聴く人が一番自分にとって好みのAfter You’ve Goneを見つければ良いのかもしれません。
作者たちの意図したのは、マリオン・ハリスの歌のように、単純に恋人が離れて出て行くのを引き止めているという歌だと思います。ただ、言ってみれば、でっち上げのような曲で、曖昧な歌詞の歌が名曲であるのは、作者たちの意図や才能を超えて、歌手や聴衆が作り上げたことだと思います。

それにしても、上の4つのバージョン、どれも良いです。不思議な歌ですよね?

After I’m gone(歌詞)

Now won’t you listen dearie while I say,
how could you tell me that you’re goin’ away?
Don’t say that we must part, don’t break my aching heart
You know I’ve loved you truly many years, loved you night and day
How can you leave me, can’t you see my tears?
Listen while I say
After you’ve gone, and left me crying
After you’ve gone, there’s no denying
You’ll feel blue, you’ll feel sad
You’ll miss the dearest pal you’ve ever had
There’ll come a time, now don’t forget it
There’ll come a time, when you’ll regret it
Some day, when you grow lonely
You heart will break like mine and you’ll want me only
After you’ve gone, after you’ve gone away

(After I’m gone, after we break up
After I’m gone, you’re gonna wake up
You will find, you were blind
To let somebody come and change your mind
After the years, we’ve been together
Their joy and tears all kinds of weather
Someday, blue and downhearted
You’ll long to be with me right back where you started
After I’m gone, after I’m gone away)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です