Cliff Edwards – When You Wish Upon A Star

クリフ・エドワーズ(Cliff Edwards1895-1971)は、ウクレレ・アイク(Ukelele Ike)のニックネームで有名なウクレレ奏者、ボードビリアン、ジャズシンガー、声優です。彼が初期に使っていた小さなソプラノモデルや30年代のテナーウクレレのスタイルは大人気で、アメリカでのウクレレ普及は彼の人気によるものと言っても過言ではありません。そして今をときめくアニメ声優の先駆けとしても有名です。
彼の歌のヒットは、1929年の「雨に唄えば」(Singin’ In The Rain)と、この1940年のディズニー・アニメ「ピノキオ」(Pinocchio)のテーマソング「星に願いを」(When You Wish Upon A Star)が有名です。この2曲はその後にカバーする歌手がたくさん出たので、クリフ・エドワーズと言っても、知っている人が少なくなりました。それでも声優として「ピノキオ」のジミニー・クリケット(Jiminy Cricket)は忘れられないキャラクターとして今でも人気があります。(日本では吹き替えられていますが…)
そもそも「ピノキオ」のストーリーはハッピーエンドではありますが、内容はかなり暗いものです。そこでディズニーは、ユーモアがあり、美声で物知りな旅人のコオロギ、ジミニー・クリケットという明るいキャラクターをピノキオの友達にしました。ジミニー・クリケットがいなければ、スピルバーグの「AI」のように暗い映画になってしまいますから、これは大正解。そしてジミニー・クリケットの声優としてうってつけだったのが、ボードビリアンとジャズシンガーのクリフ・エドワーズでした。ジミニー・クリケットのキャラクター・デザインもクリフ・エドワーズに似ています。
実はピノキオよりもジミニー・クリケットが好きな私にとっては、クリフ・エドワーズはとても好きな歌手なのです。

「星に願いを」(When You Wish Upon A Star)

When you wish upon a star
Makes no difference who you are
Anything your heart desires
Will come to you

If your heart is in your dream
No request is too extreme
When you wish upon a star
As dreamers do

Fate is kind
She brings to those who love
The sweet fulfillment of
Their secret longing

Like a bolt out of the blue
Fate steps in and sees you through
When you wish upon a star
Your dreams come true

「星に願いを」(意訳)

星に願いをかけるとき
君が誰でも関係ないさ
君の心に願うことはなんでも
叶うのさ

もし君が心から夢見ているなら
欲張り過ぎなんてないさ
夢見る人がするように
星に願いをかけるときは

運命(女神さま)は優しいから
愛ある人に届けてくれてくれる
その人たちの秘密の願いを
素敵に叶えてくれるのさ

突然光る稲妻みたいに
運命(女神さま)はやって来て、君のところを通るのさ
星に願いをかけるとき
君の夢は叶えられるのさ

「雨に唄えば」Cliff Edwards – Singin’ in the Rain (1928)
ね。ジミニー・クリケットの声でしょ?スキャットの部分も楽しい歌です。

Pinocchio – Give a Little Whistle

クリフ・エドワーズWikipedia(情報は少ないです。)

0 thoughts on “星に願いを (ピノキオ)[歌詞和訳] クリフ・エドワーズ:When You Wish Upon A Star – Cliff Edwards”

  1. 初めまして!!
    デリバリーヘルスを立川で営んでいるものです!!

    いつも楽しく拝見させていただいてます!!

    素敵な詞ですね☆彡

    不景気ですが
    お互い頑張りましょう!!

    また覗かせていただきます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です