Carly Simon – You’re So Vain – 「うつろな愛」

You walked into the party
Like you were walking onto a yacht
Your hat strategically dipped below one eye
Your scarf it was apricot
You had one eye in the mirror
As you watched yourself gavotte
And all the girls dreamed that they’d be your partner
They’d be your partner, and

You’re so vain
You probably think this song is about you
You’re so vain
I’ll bet you think this song is about you
Don’t you? Don’t you?

You had me several years ago
When I was still quite naive
Well, you said that we made such a pretty pair
And that you would never leave
But you gave away the things you loved
And one of them was me
I had some dreams they were clouds in my coffee
Clouds in my coffee, and

You’re so vain
You probably think this song is about you
You’re so vain
I’ll bet you think this song is about you
Don’t you? Don’t you?

I had some dreams they were clouds in my coffee
Clouds in my coffee, and

You’re so vain
You probably think this song is about you
You’re so vain
I’ll bet you think this song is about you
Don’t you? Don’t you?

Well, I hear you went up to Saratoga
And your horse naturally won
Then you flew your Lear jet up to Nova Scotia
To see the total eclipse of the sun
Well, you’re where you should be all the time
And when you’re not, you’re with
Some underworld spy or the wife of a close friend
Wife of a close friend, and

You’re so vain
You probably think this song is about you
You’re so vain
I’ll bet you think this song is about you
Don’t you? Don’t you?

1971年にソロ・デビューしたカーリー・サイモン(Carly Simon:1945年-)の「うつろな愛」(You’re So Vain)です。1972年に全米1位の大ヒットとなりました。プレイボーイの男性を揶揄しているような内容です、ボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」を女性視点の恋愛版にしたような詩の構成です。「うつろな愛」と言うより、「あなたは虚しい男ね。」が本当の意味です。これじゃレコードが売れないから、この邦題になったのですが、歌詞の内容と少し違う感じがします。
カーリー・サイモンは70年代の女性シンガー・ソングライターとしては、アクティブで明るいイメージがあります。この歌に感じられるのは、恋愛について、それまでは受動的であるべきと考えられていた女性が、自分の考えを持って冷静に恋愛相手を見抜いている点です。(ゴシップは書きません。)70年代は女性の自立が漸く認められるようになった年代で、カーリー・サイモンのこの歌は、その時代の心情がよく出ています。とは言っても、社会的に女性が認められるようになるまでには、それから相当な年月を要しています。彼女が1989年に主題歌「ステップ・バイ・ステップ(Let the River Run)」でアカデミー歌曲賞を受賞した映画「ワーキング・ガール(Working Girl)」も職場での女性の地位がベースになっていました。もちろんこれは、カーリー・サイモンの「男性と対等であるべき女性」のイメージを起用したものであったと思います。

カーリー・サイモンというと「うつろな愛」。「うつろな愛」というと当時のゴシップというのがありがちの話題です。でもカーリー・サイモンの魅力はそんな下世話の興味ではなくて、シンガー・ソングライターとしての実力とポジティブな明るさです。人柄についてはオフィサル・サイトやブログを読んで頂くとして、音楽は言葉で書くより聴くほうが早いですね。自作曲はもちろん、カバー曲がまた良いのです。

River Run
この歌の歌詞も素敵ですね。新しい時代の到来を象徴的に描いていて力強いメッセージがあります。

We’re coming to the edge,
Running on the water,
Coming through the fog,
Your sons and daughters.

Let the river run,
Let all the dreamers
Wake the nation.
Come, the New Jerusalem.

Silver cities rise,
The morning lights
The streets that meet them,
And sirens call them on
With a song.

It’s asking for the taking.
Trembling, shaking.
Oh, my heart is aching.

We’re coming to the edge,
Running on the water,
Coming through the fog,
Your sons and daughters.

We the great and small
Stand on a star
And blaze a trail of desire
Through the dark’ning dawn.

It’s asking for the taking.
Come run with me now,
The sky is the color of blue
You’ve never even seen
In the eyes of your lover.

Oh, my heart is aching.
We’re coming to the edge,
Running on the water,
Coming through the fog,
Your sons and daughters.

It’s asking for the taking.
Trembling, shaking.
Oh, my heart is aching.

We’re coming to the edge,
Running on the water,
Coming through the fog,
Your sons and daughters.

Let the river run,
Let all the dreamers
Wake the nation.
Come, the New Jerusalem.

カーリー・サイモンWikipedia
カーリー・サイモン:オフィシャル・サイト
「うつろな愛」(You’re So Vain)の男性が誰なのか気になる方は彼女のサイトの「So Carly, just who is ‘You’re So Vain’ about?」という記事が参考になります。
カーリー・サイモン:ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です