Lee Morse – Side By Side (1927)

Nick Lucas – Side By Side (1944)

Kay Starr Side By Side

サイドバイサイド(Side by Side:lyrics by Gus Kahn and music by Harry M. Woods)は、1927年の発表年に多くの歌手がレコーディングしており、大変人気があった曲です。リー・モース(Lee Morse:コメディエンヌ)の歌はそのひとつ、ブルースぽいアレンジです。1944年のジャズギタリスト、ニック・ルーカス(Nick Lucas)のバージョンは、第二次世界大戦において、連合国側が優勢になった年でもあり、若者に対して明るいヴィジョンを与えるかのような歌い方です。ちなみに動画はSoundiesという、3分間程度の短いミュージック映画で、今のプロモーション・ビデオのようなものです。1940年から1946年の間に作られたもので、クラシックからビッグバンドのスイング、トラディショナル、フォークなど多様な歌を選んでアメリカ国民の愛国心を高めようとしたものです。1953年のケイ・スターのバージョンによるヒットが今ではよく知られています。ビッグバンドのアレンジとブギウギ風の多重録音は華やかで、楽天的ともいえる歌詞とマッチしています。
楽天的と書きましたが、悪い意味ではありません。人生山あり谷あり、くよくよしても為るようにしかならないならば、生きられているだけでも幸せと思いましょう。それさえ難しい人が世界にはたくさんいることを思えば、明日に苦労や悲しみがあろうと、それはそれでどうにかなるものです。長そうで短い人生では、お金持ちになったり、高い地位になるよりも、本当の友人を見つけるほうがずっと大切です。この歌はそんなことを教えてくれます。

See that sun in the morning,
Peeking over the hill?
I’ll bet you’re sure it always has and sure it always will.
That’s how I feel about someone,
How somebody feels about me.
We’re sure we love each other
That’s the way we’ll always be.

Oh, we ain’t got a barrel of money,
Maybe we’re ragged and funny
But we’ll travel along
Singing a song
Side by side.

Don’t know what’s comin’ tomorrow
Maybe it’s trouble and sorrow
But we’ll travel the road
Sharing our load
Side by side.

Through all kinds of weather
What if the sky should fall?
Just as long as we’re together,
It doesn’t matter at all.
When they’ve all had their quarrels and parted

We’ll be the same as we started
Just a-traveling along
Singing a song
Side by side.

We’re all hunting for something
Something we don’t know what
‘Cause none of us are satisfied with things we know we’ve got.
We all forget about moonlight,
As soon as we’ve given our vow
But we’d all be so happy if we’d start and sing right now:

Oh, we ain’t got a barrel of money,
Maybe we’re ragged and funny
But we’ll travel along
Singing a song
Side by side.

Don’t know what’s comin’ tomorrow
Maybe it’s trouble and sorrow
But we’ll travel the road
Sharing our load
Side by side.

2 thoughts on “サイドバイサイド:Side By Side”

  1. yuzo.1960 さん

    コメントありがとうございます。
    「サイドバイサイド」は人生の応援歌ですよね。
    私の大好きな歌のひとつです。その歌に温かいコメントを寄せて頂いて、とても嬉しいです。

  2. 1944年のニックルーカスの映像。
    素敵なカップルも68年の歳月を経て土に還った人も。
    長そうで短い人生、今を大切に生きる価値を胸のいちばん深いところで感じることのできる作品です。
    見るたび、聴くたびに胸がキュンとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です