Rosemary Clooney – Blues In The Night

ローズマリー・クルーニー(Rosemary Clooney:1928–2002)は、主に1950年代に活躍しました。俳優のジョージ・クルーニーは彼女の甥にあたります。1954年のパラマウント映画「ホワイトクリスマス」ではビングクロスビーとダニーケイと共にベラ・エレンと姉妹役で主演していました。1995年にはジョージ・クルーニーのテレビドラマ「ER」にもゲスト出演しています。
ローズマリー・クルーニーはジャズのスタンダード曲からポップスまで、どんな歌でも歌いこなせる天賦の才能を持った女性でした。その才能により多くの人たちに愛され、またその人気も高かったのですが、神経衰弱、重いうつ病とそれに関連した薬物依存に苦しんだ人でもありました。1968年6月に大統領候補であったロバート・ケネディがアンバサダーホテルで暗殺されたときに、ローズマリー・クルーニーは応援と祝いのために居合わせていました。この出来事も彼女の精神を傷つけることになったと思います。そのため、1960年代以降は次第に芸能活動を縮小せざるを得ず、素晴らしい才能を持ちながら活動できなかったのは、彼女自身にとっても、ファンにとっても悲しいことでした。晩年の2002年2月にグラミー賞を授与されましたが、肺ガンの治療中であったため、授賞式には出席できませんでした。しかし、そうであっても彼女の残した偉大な仕事は今もたくさんの人たちに愛されています。
ここに紹介するのはそのうちの3曲です。たった3曲ではありますが、彼女の魅力はきっと伝わると思います。

Blues In The Night

My mama done tol’ me,
When I was in knee pants,
My mama done tol’ me,
Son! A woman’ll sweet talk
And give ya the big eye;
But when the sweet talkin’s done,
A woman’s a two face
A worrisome thing
Who’ll leave ya t’sing
The blues in the night

Now the rain’s a fallin’,
Hear the train a collin’
Whoo-ee (my mama done tol’ me)
Hear dat lonesome whistle
Blowin’ cross the trestle,
Whoo-ee (my mama done tol’ me)
A whoo-ee-duh-whoo-ee, ol’ clickety clack’s
A echoin’ back th’ blues in the night

The evenin’ breeze’ll start the trees to cryin’
And the moon’ll hide its light
When you get the blues in the night

Take my word, the mockin’ bird’ll
Sing the saddest kind o’ song
He knows things are wrong and he’s right
From Natchez to Mobile,
From Memphis to St. Joe,
Wherever the four winds blow,
I been in some big towns,
An’ heard me some big talk,
But there is one thing I know
A woman’s a two face,
A worrisome thing
Who’ll leave ya t’sing the blues in the night
My mama was right, there’s blues in the night

Rosemary Clooney – Tenderly

Tenderly

The evening breeze caressed the trees tenderly
The trembling trees embraced the breeze tenderly
Then you and I came wandering by
And lost in a sigh were we
The shore was kissed by sea and mist tenderly
I can’t forget how two hearts met breathlessly
Your arms opened wide and closed me inside
You took my lips, you took my love so tenderly

Rosemary Clooney – Come on-a My House
1951年のヒット曲「家へおいでよ」(Come on-a My House)です。日本では江利チエミさんがカバーしました。元の歌は60年も昔の歌とは思えないほど洒落ていてクールなんです。

Come on-a My House

Come on-a my house, my house, I’m gonna give you candy
Come on-a my house, my house, I’m gonna give a you
Apple a plum and apricot-a too eh
Come on-a my house, my house a come on
Come on-a my house, my house a come on
Come on-a my house, my house I’m gonna give a you
Figs and dates and grapes and cakes eh
Come on-a my house, my house a come on
Come on-a my house, my house a come on
Come on-a my house, my house, I’m gonna give you candy
Come on-a my house, my house, I’m gonna give you everything

Come on-a my house, my house, I’m gonna give you Christmas tree
Come on-a my house, my house, I’m gonna give you
Marriage ring and a pomegranate too ah
Come on-a my house, my house a come on
Come on-a my house, my house a come on
Come on-a my house, my house I’m gonna give a you
Peach and pear and I love your hair ah
Come on-a my house, my house a come on
Come on-a my house, my house a come on
Come on-a my house, my house, I’m gonna give you Easta-egg
Come on-a my house, my house, I’m gonna give you
Everything – everything – everything
Come on-a my house!!

Rosemary Clooney:Wikipedia
Rosemary Clooney:オフィシャル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です