Mississippi John Hurt – You Got To Walk That Lonesome Valley
(この映像は、1965年ミシシッピ・ジョン・ハートがレインボークエスト七局のピート・シーガーのTVショウにゲスト出演したものです。この番組にはジューン・カーター、ジョニー・キャッシュ、ドック・ワトソン、ジュディ・コリンズ、バフィー・セントマリー、トム・パクストン、カントリー・ジョー・マクドナルドなども出演していました。)

ミシシッピ・ジョン・ハート(“Mississippi” John Hurt :1892-1966)は、ブル-ス・シンガー、ギタリストで、若い頃はオールドタイム音楽を演奏していたのですが、その後にミシシッピに戻り農場で働いていたのを、1960年代のフォークソング・リバイバル(1960s folk music revival),と共に、再発見された人で、ニューポート・フォーク・フェスティバルに招かれてから、演奏者として再活動しました。彼のギター・テクニックは高く評価されましたが、本人はスター気取りになることもなく、穏和でごく普通の人で、それも彼が愛された要因です。長らく評価を忘れられていたトラディショナル・ソングを現代に歌い継ぎ、数多くの貴重な音源を残した功績はけして小さなものではありません。

「You Got To Walk That Lonesome Valley」は、アメリカのトラディショナル・ソングです。ジョニー・キャシュやウディ・ガスリーも歌っています。この歌の歌詞の最も初期のものは、おそらく下に掲載した2番目のもので、「You」「Your mother’s」「Your father’s」…と繰り返させるシンプルな繰り返しのもので、開拓者の間で歌い継がれたものでしょう。それが、イエス・キリスト(Jesus)を歌詞に加えることで、宗教的な意味合いを持つようになりました。「Lonesome Valley」は自然の谷という意味とともに、聖書、ダビデの経験-詩篇23篇にある「たといわたしは死の陰の谷を歩むとも、わざわいを恐れません。あなたがわたしと共におられるからです。」の意味を暗示するようになりました。人生は平穏なものではなく、時には死の危険を伴う困難や、貧しさ、孤独、将来の不安、愛を失う寂しさなどが付き纏います。そのときに、それは貴方だけではなく、母や父、そしてイエスでさえ同じ道を一人で歩まなければならなかった。そして貴方の傍には神が共におられるということですが、この歌では、神が共におられるという宗教観を含むことはせず、いつの時代でも変らぬ人が生きることの厳しさを意味しています。この意味において、この歌は厳しい労働や生活に苦しむ農民や黒人労働者の人生訓を含み、歌い継がれました。

You got to walk that lonesome valley

You got to walk that lonesome valley
Well, you got to walk it for yourself
Ain’t nobody else can walk it for you
You got to walk that valley for yourself

My mother had to walk that lonesome valley
Well, she had to walk it for herself
Yes, nobody else could walk it for her
Yeah, she had to walk that valley for herself

Oh yes, you got to walk that lonesome valley
Well, you got to walk it for yourself
Yes, nobody else can walk it for you
You got to walk…

My father had to walk that lonesome valley
He had to walk it for his self
Yes, nobody else can walk it for him
He had to walk…

Oh, Jesus had to walk that lonesome valley
He had to walk it for his self
Yes, nobody else could walk it for him
He had to walk that valley for his self

Oh yes, you got to walk that lonesome valley
Well, you got to walk it for yourself
Yes, nobody else can walk it for you
You got to walk that valley for yourself

Lonesome Valley : Traditional American

You got to walk that lonesome valley
Well, you got to walk it for yourself
Ain’t nobody else can walk it for you
You got to walk that valley for yourself

Your mother’s got to walk that lonesome valley,
She’s got to walk it by herself.
Ain’t nobody else can walk it for her,
She’s got to walk that lonesome valley by herself.

Your father’s got to walk that lonesome valley,
He’s got to walk it by himself.
Ain’t nobody else can walk it for him,
He’s got to walk that lonesome valley by himself.

Your sister’s got to walk that lonesome valley,
She’s got to walk it by herself.
Ain’t nobody else can walk it for her,
She’s got to walk that lonesome valley by herself.

Your brother’s got to walk that lonesome valley,
He’s got to walk it by himself.
Ain’t nobody else can walk it for him,
He’s got to walk that lonesome valley by himself.

Jesus Walked This Lonesome Valley

Jesus walked this lonesome valley.
He had to walk it by Himself;
O, nobody else could walk it for Him,
He had to walk it by Himself.

We must walk this lonesome valley,
We have to walk it by ourselves;
O, nobody else can walk it for us,
We have to walk it by ourselves.

You must go and stand your trial,
You have to stand it by yourself,
O, nobody else can stand it for you,
You have to stand it by yourself.


MIssissippi John Hurt – Salty Dog Blues


Mississippi John Hurt – I’m satisfied

ミシシッピ・ジョン・ハート:Wikipedia
Mississippi John Hurt Museum

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です