Eddi Reader – My Love is Like a Red Red Rose

My Love Is Like A Red Red Rose

Oh, my love is like a red, red rose
That’s newly sprung in June
Oh, my love is like a melody
That’s sweetly played in tune
As fair art thou, my bonnie lass,
So deep in love am I
And I will love thee still, my dear,
Till all the seas gang dry.
Till all the seas gang dry, my dear,
Till all the seas gang dry
And I will love thee still, my dear,
Till all the seas gang dry.
‘Til all the seas gang dry my, my dear
And the rocks melt with the sun
And I will love thee still, my dear
While the sands of life shall run
But faretheewell, my only love
Oh, faretheewell a while
And I will come again, my love
Tho’ ‘t were ten thousand mile
Tho’ ‘t were ten thousand mile, my love
Tho’ ‘t were ten thousand mile
And I will come again, my love
Tho’ ‘t were ten thousand mile


Eddi Reader – Ae Fond Kiss

Ae fond kiss, and then we sever;
Ae fareweel, alas, for ever!
Deep in heart-wrung tears I’ll pledge thee,
Warring sighs and groans I’ll wage thee.

Who shall say that Fortune grieves him,
While the star of hope she leaves him?
Me, nae cheerful twinkle lights me;
Dark despair around benights me.

I’ll ne’er blame my partial fancy,
Naething could resist my Nancy
But to see her was to love her;
Love but her, and love for ever.

Had we never lov’d sae kindly,
Had we never lov’d sae blindly,
Never met-or never parted,
We had ne’er been broken-hearted.

Fare-thee-weel, thou first and fairest!
Fare-thee-weel, thou best and dearest!
Thine be ilka joy and treasure,
Peace, Enjoyment, Love and Pleasure!

Ae fond kiss, and then we sever!
Ae fareweeli alas, for ever!
Deep in heart-wrung tears I’ll pledge thee,
Warring sighs and groans I’ll wage thee.

エディ・リーダー(Eddi Reader)が歌うロバート・バーンズ(Robert Burns)の歌です。正確には18世紀のスコットランドの詩人ロバート・バーンズが詩を付けたスコットランド民謡です。

「My Love Is Like A Red Red Rose」は愛の喜びを、「Ae Fond Kiss」は失恋の悲しみを歌っています。ロバート・バーンズは、スコットランドを代表する詩人で、スコットランド民謡を愛し、収集した人です。「蛍の光」(Auld Lang Syne)も日本人にはとても親しまれています。スコットランド民謡の音階は日本人には親しみやすく、また、ロバート・バーンズの詩も日本人の感性に合っています。それは遠い昔からの、自然に親しむ農耕民族に共通の感性なのかもしれません。ケルトの自然のいたる所に妖精や悪魔が潜んでいるという多神教的な宗教観も、「遠野物語」や妖怪、物の怪の昔話でも分るように、日本人と共通しています。これは自然を支配するのではなく、自然と共生してきた民族に受け継がれた血とも言えます。それがスコットランド民謡とロバート・バーンズの田園的な詩が日本人に愛される所以だと思います。

エディ・リーダー(Eddi Reader)は、グラスゴー出身のシンガー・ソングライターで、繊細なメロディと温かみのある美しい歌声がとても魅力的です。スコットランドの歌はやはりスコットランドの歌手ならではの良さがあります。ここに掲載のロバート・バーンズの歌は「Sings The Songs Of Robert Burns : 2003」のアルバムに収録されています。
彼女のオリジナル曲も良い歌が多いので是非聴いてみてください。お薦めです。

ロバート・バーンズ:Wikipedia
Eddi Reader:Official Website
エディ・リーダー UniversalのArtist Info

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です