The Hollies – Bus Stop

BUS STOP

Bus stop, wet day, she’s there, I say
Please share my umbrella
Bus stop, bus goes, she stays, love grows
Under my umbrella

All that summer we enjoyed it
Wind and rain and shine
That umbrella, we employed it
By August, she was mine

Every morning I would see her waiting at the stop
Sometimes she’d shop and she would show me what she bought
Other people stared as if we were both quite insane
Someday my name and hers are going to be the same

That’s the way the whole thing started
Silly but it’s true
Thinkin’ of a sweet romance
Beginning in a queue

Came the sun the ice was melting
No more sheltering now
Nice to think that that umbrella
Led me to a vow

Every morning I would see her waiting at the stop
Sometimes she’d shop and she would show me what she bought
Other people stared as if we were both quite insane
Someday my name and hers are going to be the same

Bus stop, wet day, she’s there, I say
Please share my umbrella
Bus stop, bus goes, she stays, love grows
Under my umbrella

All that summer we enjoyed it
Wind and rain and shine
That umbrella, we employed it
By August, she was mine

BUS STOPバスストップは彼らの最大のヒット曲でした。内容はバス停で芽生えた恋の歌ですが、幸せはつかの間、雨の季節に花開いた恋は8月までだったというもの。で、このヒットによってザ・ホリーズは一躍スターバンドになったのですが時代の流れはこの優秀なバンドを懐メロバンドを思わせてしまいました。
そして長い不遇と変遷の末、ようやくこのバンドの優秀さ再認知され、ザ・ホリーズは2010年「ロックの殿堂」(Rock and Roll Hall of Fame)入りを果たしました。これほどのグループにして、1962年の結成から約半世紀を経ての名誉です。ファンにとっては今さらという気もするでしょうが、とにかくもこの名誉は喜ぶべきことでした

アラン・クラーク(Allan Clarke)のボーカルと独特の美しいハーモニーは、数ある1960年代のロック・グループの中でも群を抜いていました。彼らの12枚目のシングル「バスストップ」は日本でも大ヒットし、往年のロック・ファンのみならず多くの人に親しまれました。
ホリーズは結成以来メンバーと音楽スタイルの変遷を繰り返しながら、数多くの名曲を残しています。ボブ・ディランの曲を取り上げた「ホリーズ・シング・ディラン」などは、ボブ・ディランのカバー・アルバムとしても最良の出来です。掲載した「The Hollies In Concert 」(1969)はこの頃のもので、オリジナル・ヒットの他に、ボブ・ディランやビートルズのカバー、フォーク・ソングなどを取り上げています。この頃のリード・ギタリストはトニー・ヒックス(Tony Hicks)に変っています。「Quit Your Lowdown Ways」では、トニー・ヒックスのギターが堪能できます。もちろんアラン・クラークが優れたボーカリストであることもよく分ると思います。
ボブ・ディランのアルバム「ブロンド・オン・ブロンド」の収録曲「Just Like A Woman」のカバーは、素晴らしいボーカルとアレンジで、特におすすめです。

「Rock and Roll Hall of Fame」のウェブサイトでのインタビューで、グラハム・ナッシュ(Graham Nash)がグループ名の由来を語っています。これまでの通説通り、クリスマス・シーズンのヒイラギ(Holly)とバディ・ホリーの名前にちなんだものということです。


The Hollies – BBC IN CONCERT 1969 (LEGENDADO – PTBR)

01. Carrie Anne
02. Just Like A Woman
03. Medley Of Hits
04. Quit Your Lowdown Ways
05. I’ll Be Your Baby Tonight
06. Help Me Brother
07. Stop Stop Stop
08. A Taste Of Honey
09. Stewball
10. The Mighty Quinn
11. Blowin’ In The Wind

ザ・ホリーズ:Wikipedia
The Hollies:Wikipedia
The Hollies Official Website
Rock and Roll Hall of Fame : The Hollies

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です