Marion Harris – St.Louis Blues (1920)

St.Louis Blues (Handy, William)

I hate to see the ev’nin’ sun go down
Hate to see the ev’nin’ sun go down,
‘cause my baby, he done left this town

Feelin’ tomorrow like I feel today
Feel tomorrow like I feel today,
I’ll pack my trunk, make my getaway

St. Louis woman with her diamond rings
Pulls that man ‘round by her apron strings,
‘t’want for powder and for store-bought hair

The man I love, would not gone nowhere,
got the St. Louis blues just as blue as I can be
That man got a heart like a rock cast in the sea,
or else he wouldn’t have gone so far from me

Been to the gypsy to get my fortune told
To the gypsy, to get my fortune told,
‘cause I’m most wild about my jelly roll

Gypsy done told me, “Don’t you wear no black”
Yes, she done told me, “Don’t you wear no black,
go to St. Louis, you can win him back”

Help me to Cairo, make St. Louis by myself
Gone to Cairo, find my old friend Jeff
Goin’ to pin myself close to his side,
if I flag his train, I sure can ride

I love that man like a schoolboy loves his pie
Like a Kentucky Colonel loves his mint and rye
I’ll love my baby till the day I die

You ought to see that stovepipe brown of mine,
like he owns the diamond Joseph line
He’d make across-eyed old man go stone blind

Blacker than midnight, teeth like flags of truce
Blackest man in the whole St. Louis
Blacker the berry, sweeter is the juice

About a crap game, he knows a powerful lot,
but when work time comes, he’s on the dot
Goin’ to ask him for a cold ten spot,
what it takes to get it, he’s certainly got

A black-headed gal make a freight train jump the track
Said a black-headed gal make a freight train jump the track
But a redheaded woman makes a preacher ball the jack

マリオン・ハリス(Marion Harris:1896-1944)はインディアナ(Indiana)生まれの、1920年代に活躍し、当時最も成功した歌手として知られています。また、流行ファッションを着こなすセンスの良さは、古い言葉ですが、モボ(モダンガール)として当時の女性たちの憧れの存在でもあったようです。
1914年にシカゴでデビューした後、1916年に「After You’ve Gone」,「A Good Man Is Hard to Find」のヒットで有名になりました。1920年に最初の「セントルイス・ブルース」(St.Louis Blues)を録音したのはマリオン・ハリスで、Bluesという言葉が始めてポピュラー音楽の世界で使われたのは、この歌からです。この曲以降ジャズやブルースの曲調の歌を取り上げたことから「ブルースの女王」(The Queen of the Blues)とも称されました。1920年代のアメリカで黒人音楽をルーツとするブルースを白人女性歌手が取り上げることは、現代で考える以上に異例なことですが、それをスタイリシュにやってみせたのは、マリオン・ハリスが当時の女性の先端を行く進歩的な女性歌手だったということで、それが彼女の人気に結び付きました。マリオン・ハリスは、その人気を保ちながら早くに引退し、活動期間が短かったことから、時と共に忘れられてゆきましたが、数多くのヒット曲を出した1920年代のアメリカを象徴する歌手です。その先進的なスタイルと引き際の良さは今では伝説になっています。

よくブルースは黒人特有のもので、白人にはブルースが分らないということを言う人がいますが、白人や東洋人であってもブルース的な感情があるのは当然のことで、こうした狭い考えは的を得たものではありません。だからこそ、この憂鬱で都会的なやるせなさの漂う「セントルイス・ブルース」が多くの人々に愛されているのです。
「セントルイス・ブルース」はやるせない(懐かしい言葉)、恋人を他の女性に奪われた失恋を歌っています。地名などが歌わているご当地ソングでもあり旅情も感じられます。この歌は都市生活者としての女性の憂鬱(ブルース)を歌った初期作品として歴史的なものだと思います。
「セントルイス・ブルース」を歌った歌手は数え切れないほどいます。しかし今日は敬意を込めてマリオン・ハリスの歌を聴きいてください。

Marion Harris:Wikipedia
St. Louis Blues (song):Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です