Long John Silver’s Return to Treasure Island (1954)
Robert Newton as Long John Silver 1954

Return To Treasure Island (Long John Silver)は、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの「宝島」(Treasure Island)の続編となる海洋冒険小説です。
ロング・ジョン・シルバーは、宝島に残っている財宝を探しにジム・ホーキンスを伴って再び島に向かいます。しかし、島の宝を狙う他の海賊の一団や、島に残された海賊との争いなど…、新しい冒険物語が始まります。
これも何度も映画化されていますが、やはり1954年版のロバート・ニュートン(Robert Newton:1905-1956)のロング・ジョン・シルバーが当り役で、陽気で悪賢く、それでいて何故か憎めないキャラクターが印象的です。この人間的なアウトローはその後の海賊のイメージとなり、原作と共にロング・ジョン・シルバーという架空の悪人が海賊の代名詞となることに貢献しています。おそらくこの「宝島」シリーズは、物語の設定、キャラクター作りなどで、後の「パイレーツ・オブ・カリビアン」(Pirates of the Caribbean: The Curse of the Black Pearl 2003)など、その後の海賊映画に大きな影響を与えています。
ロバート・ニュートンは、ユナイテッド・アーチスツ(United Artists)の映画「80日間世界一周」(Around the World in 80 Days :1956)のフィックス氏(Mr. Fix)役も、物語を盛り上げる素晴らしい名演でした。

Robert Newton

Long John Silver:Wikipedia
Robert Newton:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です