The Beverly Hillbillies Opening and Closing Theme 1962 – 1971 HD


第一話

「じゃじゃ馬億万長者」(The Beverly Hillbillies)は、主演バディ・イブセン(Buddy Ebsen)、アイリーン・ライアン(Irene Ryan)、ドナ・ダグラス(Donna Douglas)、マックス・ベアJr(Max Baer Jr)により、1962年にファースト・シーズンがCBSで製作され、日本でもほぼ同時期の1962年12月から1963年8月にNTVで放映され、大変人気があったホーム・コメディです。当時の日本人がアメリカに親しみを覚えたのは、映画よりもむしろ、こうした輸入TVシリーズの良い作品によるものでした。
父親ジェド・クランペット役のバディ・イブセンは、オードリー・ヘップバーン主演の映画「ティファニーで朝食を:1961」に出演後に、このTVへの出演が決まり、彼の代表作品となりました。
お祖母ちゃん(Granny)役のアイリーン・ライアンは、寄席や、ラジオ、ミュージカルコメディで実力を認められ、出演が決まりました。この作品でのキュートな演技が認められて、 エミー賞のコメディシリーズ主演女優賞にもノミネートされました。
ジェドの娘、エリー・クランペット役のドナ・ダグラスは、 美人コンテストでミス・ニューオリンズに選ばれたのをきっかけに、この作品への出演がきまりました。
ジェドの甥、ジェスロ(Jethro)役のマックス・ベアJrは、1960年に俳優としてデビューし、いくつかのTV作品に出演後に、この作品への出演が決まりました。
この4人の適役の他に、銀行家ミルバーン・ドライズデール(Milburn Drysdale)役のレイモンド・ベイリー(Raymond Bailey)、彼のの私書、ミス・ジェーン・ハサウェイ(Miss Jane Hathaway)役のナンシー・クルプ(Nancy Kulp)、ジェドの妹、ジェスロの母親役のビー・ベナデレット(Bea Benaderet)などの演技力が確かな名脇役たちが出演しています。日本では映画に比べて、TV作品の俳優の知名度が低いので、敢えて紹介しておきます。
「じゃじゃ馬億万長者」は、突然大金持ちになった家族がビバリーヒルズに住むという極端な設定で、拝金的な世相なども風刺していますが、長期のシリーズとして人気を得たのは、登場キャラクターの個性的な魅力にあります。誰も悪人が登場しない、そして愛すべきキャラクターたちが繰り広げる愛すべきコメディはアメリカ人の明るさやユーモアに溢れています。

「じゃじゃ馬億万長者」の舞台であるビバリーヒルズの邸宅は、ロサンゼルス郊外のベルエア(750 Bel air Rd.)の「キルケビー・マンション」(The Kirkeby Mansion)で、ホテルやカジノ経営の富豪アーノルド・キルケビー(Arnold Kirkeby)が建てたものです。ビバリーヒルズではありませんが、観光名所になっています。

The Beverly Hillbillies:Wikipedia
List of The Beverly Hillbillies episodes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です