Fantasia 2006 The Little Match Girl

「マッチ売りの少女」(The Little Match Girl )は、ハンス・クリスチャン・アンデルセン(Hans Christian Andersen:1805-1875)が1848年に発表した5番目の創作童話です。
アンデルセンが生きた近世ヨーロッパは、貧しい人たちも多く、また、これらの人たちを救済するという考えを持った人は少なかった時代です。
「マッチ売りの少女」はとても悲しい物語ですが、アンデルセンは、当時の社会が救済しない貧しい人たちが幸福な死を迎えることで、神のみが人々をその最期に救うという物語を多く書きました。私たちが感じる「マッチ売りの少女」の物語の悲しみは、私たち人間社会の無力さや無慈悲と、貧しさから救われぬ人たちのささやかな幸せを願う気持ちから生まれます。この感情を美しい童話で表現したアンデルセンは、現代に生きる私たちに大きな示唆を与え続けています。それがアンデルセンが偉大な詩人であり、多くの人たちが彼の童話を愛する理由です。
アンデルセンの童話を子供の頃に読んで感動した人たちはたくさんいると思います。大人になって忘れてしまう人も多いと思いますが、けして少なくない人たちが善意の気持ちを持ち続けています。そして、そうした人たちが、私たちが感じる「マッチ売りの少女」の物語の悲しさから救ってくれています。

マッチ売りの少女:Wikipedia
The Little Match Girl:Wikipedia
ハンス・クリスチャン・アンデルセン:Wikipedia
青空文庫:マッチ売りの少女 – 大久保ゆう訳
Literature Network – The Little Match Girl

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です