Alice’s Restaurant Illustrated

アーロ・ガスリー(Arlo Davy Guthrie:1947-)の「アリスのレストラン」です。
歌のストーリーを追って描いた可愛いイラストはこの動画の作者です。巧い下手というのではなく、歌のイメージを大変良く伝えています。

「アリスのレストランの大虐殺」(Alice’s Restaurant Massacree:1967)は、感謝祭(Thanksgiving Day)の日に始まる「ゴミの不法投棄」とその裁判、ベトナム戦争時代の「徴兵検査」などを風刺したトーキング・ブルース(talking blues)です。(歌詞はArlo Guthrie’s web siteを参照してください。)「大虐殺」という言葉は、アーロ・ガスリーの父親であるウディ・ガスリーの「1913 Massacre」からの引用です。「1913 Massacre」は、1913年のクリスマス・イヴの日に起こったミシガン州キャルメットでのイタリアホール火災で、ホールでストライキを続けていた鉱山労働者とその家族である女性、子供など73人が無くなった悲劇です。このクリスマスの日の悲劇とその批判精神、抗議を歌った父親の歌を、感謝祭の日の物語を通して、当時のアメリカ社会をユーモラスに風刺したのが「アリスのレストラン」の歌です。と言ってもこれは憎めない人々の話で、もちろん「大虐殺」はありません。…七面鳥を除いては。

そして、この歌は平和な社会と自由な精神を求めていた多くの若者に支持されました。
この歌は4つの異なるパートで出来ています。1つ目はゴミの不法投棄のこと、2つ目はその裁判のこと、3つ目は徴兵検査のこと、4つ目が反戦ムーブメントのことです。そこには当時の若者の考え方やライフ・スタイルの多様さがよく描かれていました。
「アリスのレストラン」は歌のヒットを受けて、1969年にアーロ・ガスリーの主演で映画化されました。確かに徴兵検査のエピソートは印象深く、ベトナム反戦ムーブメントの意思表示の意味を汲みとった人が多かったことは事実ですが、この歌と映画が現わしたのはもっと大きなアメリカという国の価値観の変化というものです。そして、おそらくこうした多様性を生み出したアメリカ社会の変化こそがベトナム戦争を終わらせた原動力(社会構造の地盤流体化あるいは柔軟性の台頭)だと思います。

You can get anything you want, at Alice’s Restaurant
Excepting Alice
You can get anything you want, at Alice’s Restaurant
Walk right in it’s around the back
Just a half a mile from the railroad track
You can get anything you want, at Alice’s Restaurant

Da da da da da da da dum
At Alice’s Restaurant

君は君が求める何かを得られるよ、アリスのレストランで
アリスは除いてね
君は君が求める何かを得られるよ、アリスのレストランで
右に歩いて周って戻って
たかだか鉄道線路から半マイル
Da da da da da da da dum
アリスのレストランで

アーロ・ガスリー主演の映画「アリスのレストラン」のシーン。

アーロ・ガスリーの初期の歌

「アリスのレストラン」以降の、アーロ・ガスリーの初期の歌を集めてみました。父ウディ・ガスリーや信奉していたボブ・ディランの影響もありますが、自作と共に彼のセンスあるカバーも良い歌がたくさんあります。
特にウエスト・コースト時代の「ホーボーズ・ララバイ」のアルバムで、「アリスのレストラン」のイメージを超えたと思います。

Arlo Guthrie – Motorcycle Song

ハノイ・ロックス(HANOI ROCKS)もカバーした「ライトニング・バー・ブルース」は、アーロ・ガスリーの作品ではありませんが好きな歌詞なので掲載しました。ただ、この歌をカバーしたアーロ・ガスリーのセンスも感じられると思います。

Lightning Bar Blues by Hoyt Axton

CHORUS:
I don’t need no diamond ring
I don’t need no Cadillac car
Just want to drink my Ripple wine
Down in the Lightnin’ Bar
Down in the Lightnin’ Bar

Some people value fortune and fame
I don’t care about ‘em none
Just want to drink my Ripple wine
I want to have my good time fun
Have my good time fun

CHORUS

When I die don’t cry for me
Don’t bury me at all
Place my livin’, laughin’, lovin’ bones
In a jar of alcohol
Hundred proof alcohol

CHORUS

Arlo Guthrie:Wikipedia
Alice’s Restaurant:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です