Girl from the North Country – Bob Dylan

ボブ・ディランのセカンド・アルバム「フリー・ホイーリン」(The Freewheelin’ Bob Dylan:1963)に収録された「北国の少女」(Girl From The North County)は、ボブ・ディランが1962年に最初にイングランドを旅行した際に、地元のフォーク・シンガー、Martin Carthy(1941-)から「スカボロー・フェア」(Scarborough Fair)の歌を教わり、分かれたガール・フレンドEcho Helstromへ捧げる歌として、この歌を作りました。アメリカ北部のミネソタ州のダルースで生まれ、5歳からメサビ鉄山の鉱山町ヒビング(Hibbing)で育ったボブ・ディランの歌からは、アメリカの北国の雰囲気と自らの失恋経験による切なさを感じる歌詞になっています。
歌詞はこちらを参照してください。

Well, if you’re travelin’ in the north country fair,
Where the winds hit heavy on the borderline,
Remember me to one who lives there.
She once was a true love of mine.
Well, if you go when the snowflakes storm,
When the rivers freeze and summer ends,
Please see if she’s wearing a coat so warm,
To keep her from the howlin’ winds.
Please see for me if her hair hangs long,
If it rolls and flows all down her breast.
Please see for me if her hair hangs long,
That’s the way I remember her best.
I’m a-wonderin’ if she remembers me at all.
Many times I’ve often prayed
In the darkness of my night,
In the brightness of my day.
So if you’re travelin’ in the north country fair,
Where the winds hit heavy on the borderline,
Remember me to one who lives there.
She once was a true love of mine.

サイモンとガーファンクル(Simon and Garfunkel)の歌った「スカボロー・フェア」は、1965年にポール・サイモンがロンドンで同じくMartin Carthyから教わってアレンジしたものです。こちらはメロディをデュエット用にしていますが、歌詞はオリジナルとほぼ同じです。サイモンとガーファンクルの「スカボロー・フェア」はイギリスの古民謡を現代的に洗練したもので、ポール・サイモンの豊かな才能が感じられます。
「北国の少女」と「スカボロー・フェア」の歌は多くの歌手がカバーしていますが、近年は、聴き心地のよい「スカボロー・フェア」のほうが人気のようで、「北国の少女」を聴く人は少なくなりました。

Simon and Garfunkel- Scarborough fair

Are you going to Scarborough Fair?
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Remember me to one who lives there,
She once was a true love of mine.
Tell her to make me a cambric shirt,
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Without no seam nor needle work,
Then she’ll be a true love of mine.
Tell her to find me an acre of land,
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Between the salt water and the sea strand,
Then she’ll be a true love of mine.
Tell her to reap it with a sickle of leather,
Parsley, sage, rosemary and thyme,
And to gather it all in a bunch of heather,
Then she’ll be a true love of mine.
Are you going to Scarborough fair?
Parsley, sage, rosemary and thyme,
Remember me to one who lives there,
She once was a true love of mine.

イングランドに伝わる古民謡「スカボロー・フェア」の歌の歌詞が意味不明なところは、日本の童歌に似ています。Riddles Wisely Expoundedという、一種の古くから伝わる「謎々歌」ということです。一説では、「パセリ、セージ、ローズマリーとタイム」(Parsley, sage, rosemary and thyme)は、愛の薬草で、違う説では死者の臭い消しに使ったとも言われています。そう考えて聴くとスカボロー・フェア」は亡き恋人への追慕の歌であると思います。「愛」と「死」の謎々はなかなか解けません。

Girl from the North Country:Wikipedia
Scarborough Fair:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です