Joan Baez – Lily Of The West

Nana Mouskouri: The Lily of the west

When first I came to Louisville, some pleasure there to find
A damsel there from Lexington was pleasing to my mind
Her rosy cheeks, her ruby lips, like arrows pierced my breast
And the name she bore was Flora, the lily of the west.

I courted lovely Flora some pleasure for to find
But she turned unto another man whose sore distressed my mind
She robbed me of my liberty, deprived me of my rest
Then go, my lovely Flora, the lily of the west.

Away down in yonder shady grove, a man of high degree
Conversin’ with my Flora there, it seemed so strange to me
And the answer that she gave to him it sore did me oppress
I was betrayed by Flora, the lily of the west.

I stepped up my rival, dagger in my hand
I seized him by the collar, and bodly made him stand
Seing mad by desperation I pierced him to the breast
All this for lovely Flora, the lily of the west.

I had to stand my trial, I had to make my plea
They placed me in the witness box and then commenced on me
Although she swore my life away, deprived me of my rest
Still I love my faithless Flora, the Lily of the west.

「リリー・オブ・ザ・ウェスト」(Lily Of The West)はアメリカのトラディショナル・ソングです。Lily Of The West(西の百合)と言われた美しい娘の歌ですが、歌詞の内容は、「ルイビルに始めて来たとき、レキシントンからきた乙女に喜びを見つけた、ばら色の頬とルビーの唇に心を射抜かれた娘の名前はフローラ、西の百合だ。」という愛の喜びから、彼女が他の男と浮気しているのを見つけて相手の男を刺してしまうという物語です。古典的な詩では、彼女の裏切りで終っていますが、ボブ・ディランのカバーでは、「Still I love my faithless Flora, the Lily of the west. 」とそれでも彼女を愛しているという切ない男の気持ちを歌って、より分りやすくしています。

また、1800年代後半から1900年頃にロンドンで出版された”Flora The Lily of the West”の詩では「It’s when I came to England some pleasure for to find …」とイングランドからやって来たとなっています。
この歌は、アメリカのトラディショナル・ソングですが、おそらくイギリスからの移民たちがブロードサイド・バラッド(路上でバラッドを歌いながら、印刷した歌詞を売るもの)をアメリカに移入して、それが歌い継がれながら変化していったものだと思います。「西の百合」と言われるほどの美人(牧師の娘と言われています。)が、犯罪に絡めば、これは興味をそそるゴシップであり、それが伝説化したものだと思います。
今でも、彼女がどれほどの美人であったのかと思いますが、伝説の美人の肖像は残っていません。それが反って、この歌のミステリアスな魅力になっています。

ジョン・バエズ(Joan Baez)の「Lily Of The West」は、おそらく一番知られているものだと思います。1961年のアルバム「Joan Baez Volume 2」に収録していました。
Anne Byrneは1973年のアルバム「Anne Byrne Sings Irish」でこの歌をアイリッシュ・ソングとして取り上げていました。
ボブ・ディランは1973年のアルバム「Dylan」でカバーしています。
マーク・ノップラーは1995年の、アイルランドの伝統的な音楽に現代的なアレンジを取り入れたアルバム「The Long Black Veil」に参加して、この歌をアイルランド的なアレンジで歌いました。

下の歌詞は1878年版のものです。
The words to “Handsome Mary, The Lily of the West” dating to 1878:

When first I came to Louisville some pleasure there to find,
A damsel fair from Lexington was pleasing my mind.
Her cherry cheeks and ruby lips, like arrows pierced my breast,—
They called her Handsome Mary, the Lily ot the West.
I courted her awhile, in hopes her love to gain,
But she proved false to me which caused me much pain.
She robbed me of my liberty, deprived me of my rest,—
They called her Handsome Mary, the Lily of the West.
One evening as I rambled, down by a shady grove,
I saw a man of low degree conversing with my love.
They were singing songs of melody, while I was sore distressed,
O faithless, faithless Mary, the Lily of the West!
I stepped up to my rival, my dagger in my hand.
I caught him by the collar, and boldly bade him stand ;
Being driven to desperation, I stabbed him in the breast,
But was betrayed by Mary, the Lily of the West!
At length the day of trial came, I boldly made my plea,
But the judge and jury they soon convicted me.
To deceive both judge and jury so modestly she dressed,
And there she swore my life away, the Lily of the West.

Lily of the West:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です