The Red Shoes (1948): Trailer

The Red Shoes (1948) – Ballet Sequence

「赤い靴」(The Red Shoes)は、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話に取材した1948年のイギリス映画です。

内容は、バレー団のオーナー、プロデューサーであるボリス・レルモントフが、青年作曲家ジュリアン・クラスターと、踊ることが人生の目的であると言うバレー・ダンサーである社交界の令嬢ヴィキイ・ペイジを新たに雇い入れる。レルモントフはバレエの芸術性をひたすた追い求める人物で、恋愛や結婚はバレエ芸術の精神を害すると考えている。そんな折に、プリマ・バレリーナのボロンスカヤが結婚することになり、レルモントフは彼女を解雇してしまう。そして彼は予てから企画していた「赤い靴」をクラスターに新に作曲させ、主役にヴィキイを抜擢する。公演は大成功に終ったが、クラスターとヴィキイの恋愛を知りレルモントフは激怒する。…といったものです。

アンデルセンの童話「赤い靴」は、美しい赤い靴の魔力に囚われて、踊り続けなければ成らなくなった少女カレンの物語で、物欲などにより信仰心が失われるといった寓意が込められています。映画では、バレエという芸術の魅力や名声に囚われた人たちが、もっと大切なものを失う姿を暗示しています。アンデルセンの童話を読んでからこの映画を観ると理解が深まると思います。
恋愛映画、バレエ界の暴露映画ということもありますが、バレエの場面は今観てもとても新鮮であり、前述のような人間の精神の本質を、これも寓意的に描いた作品です。

「赤い靴」(The Red Shoes)はアカデミー賞受賞女優ナタリー・ポートマン*主演、ダーレン・アロノフスキー監督の「ブラックスワン」の先駆けともなった映画でした。

Black Swan

赤い靴 (映画):Wikipedia
The Red Shoes (1948 film):Wikipedia
赤い靴 (童話):Wikipedia
青空文庫:赤いくつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です