Amelie Trailer


Amélie Poulain Soundtrack Playlist || Amelie Full Soundtrack

「アメリ」(Le Fabuleux Destin d’Amélie Poulain)は、ジャン=ピエール・ジュネ(Jean-Pierre Jeunet)の監督作品で、「デリカテッセン」(Delicatessen:1991)、「ロスト・チルドレン」(La Cité des enfants perdus:1995)、「エイリアン4」(Alien: Resurrection:1997)に続いて2001年に公開されたフランス映画です。主演のオドレイ・トトゥ(Audrey Tautou:1978-)が空想好きで人付き合いが苦手な主人公アメリを好演しています。ジャン=ピエール・ジュネの作品は、ブラック・ユーモアと少し変態的な演出で、きわもの的な独自の映像が特色ですが、「アメリ」ではそれが主人公や周囲の人々の人間性を生き生きとしたものにしています。ギョーム・ローランの脚本が優れていたこともありますが、おそらく彼のセンスはSFよりも現代社会を側面的に描写することに向いていたのだと思います。一流のブラック・ユーモアも人間性肯定の裏返しとなっています。愚かしく不完全なことが人間の個性なのだと思います。それがブラック・ユーモアによってより鮮明になりますが、却ってそれが人間の愛らしさを際立てます。そうした彼のセンスがとても良い意味で発揮されたのが「アメリ」です。
「アメリ」は評価も高く、興行的にも大成功を収めましたのは周知の通りで、テンポある演出、色彩とアングルに富んだ映像、ノスタルジックな音楽など全ての要素で近年のフランス映画の傑作でした。

ギョーム・ローラン(Guillaume Laurant)の脚本では、オドレイ・トトゥ主演のミステリー、ロマンス「ロング・エンゲージメント」(Un Long Dimanche De Fiancailles? / A Very Long Engagement:2004)、アンナ・ガヴァルダの小説「恋するよりも素敵なこと パリ七区のお伽話」の映画化作品「幸せになるための恋のレシピ」(ensemble, c’est tout:2009)や「ベティの小さな秘密」(je m’appelle Elisabeth=わたしの名前はエリザベス:2006)という、「僕を葬る」のアルバ=ガイア・クラゲート・ベルージが主演した、こちらもやはり内向的で孤独な少女を主人公にしたヒューマン・ストーリー)も良い作品でした。

2017年ドイツのコメディ映画に出演したオードリー・トトウ↓

EINE NACHT IN PARIS(パリの一夜) – Offizieller Trailer I Audrey Tautou
出演者:サブリナ・ワザニ:ファエザ:オードリー・トトウ:グレゴリー・ガデボス

アメリ:Wikipedia
Amélie:Wikipedia
オドレイ・トトゥ:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です