Georgia Gibbs – I Want You To Be My Baby 1955

ジョージア・ギブス(Georgia Gibbs:1919-2006)は、ビッグバンド、スウィング、ポップス、リズム&ブルースの歌手として1950年代を中心に活躍しました。特に当時のラテン音楽ブームに乗って全米№1ヒットとなった1952年の「火の接吻」(Kiss of Fire)や1955年のDance With Me Henry (Wallflower)が有名です。ジョージア・ギブスはそのパワフルな歌唱力で時代の変化に合わせた曲を数多く歌いましたが、オリジナル・ソングに恵まれなかったことや、戦後のポップスがティーン・エイジャー向けの傾向となったことなどから、次第に活躍の場が少なくなりました。
「恋人になって」(I Want You To Be My Baby:1955)はジョージア・ギブスの歌の中でも好きなものなので紹介します。この歌は恋の告白の歌で、歌いだしのフレーズはためらいの気持ちを、そしてその後は溢れ出るような恋の激情をブギのテンポで表現しています。ジョージア・ギブスの歌唱力がとても合っています。このノリの良さは、昔日本で大ヒットしたダウンタウン・ブギウギ・バンド「スモーキング・ブギ」に似すぎていますが…。
それはさておき、女性の恋の告白を歌った歌がヒットした要因には、第二次世界大戦でアメリカ国内の産業を支えた女性の社会的発言権が強くなったことや、戦後の女性の社会への進出がありました。それでも女性が男性に恋を告白するのはためらわれた時代でした。「I Want You To Be My Baby」の歌やその後のポップス、ロックのヒットが社会の意識を反映しているのは、とても興味深いことだと思います。

「I Want You To Be My Baby」は、日本では雪村いづみさん、中国では上海生まれの女優、歌手、葛蘭(Grace Chang:1933-)がカバーしました。どちらもセクシーでパワフルな時代をリードした女性です。

I (I)
I want (I want)
I want you (I want you)
I want you to (I want you to)
I want you to be (what)
I want you to be my baby

Will (will)
Will you (will you)
Will you please (will you please)
Will you please tell (will you please tell)
Will you please tell me (what)
If you’re going to be my baby

Listen to your mama and you never will regret it
And if anybody wonders you can tell them that I said it
The only thing I know is that I never can forget ya
I’ve been longin’ for ya baby ever since the day I metcha
I gotcha where I want’cha and I’m never gonna let’cha
Get away from me

Hear what I tell ya
I’m the gal for you and so you’d better start to face it
If you ever lose my love you know you can’t replace it
I think it’s time for you to start to give me some lovin’
Carryin’ a torch for you that’s hotter than an oven
It’s time for you to give me a little bit of lovin’
Baby, hold me tight and do what I tell you

I (I)
I want (I want)
I want you (I want you)
I want you to (I want you to)
I want you to be (what)
I want you to be my baby

Will (will)
Will you (will you)
Will you please (will you please)
Will you please tell (will you please tell)
Will you please tell me (what)
If you’re going to be my baby

[Instrumental Interlude]

Hear what I tell ya
I’m the gal for you and so you’d better start to face it
If you ever lose my love you know you can’t replace it
I think it’s time for you to start to give me some lovin’
Carryin’ a torch for you that’s hotter than an oven
It’s time for you to give me a little bit of lovin’
Baby, hold me tight and do what I tell you

I (I)
I want (I want)
I want you (I want you)
I want you to (I want you to)
I want you to be (what)
I want you to be
Want you to be
Want you to be
My baby


雪村いづみ – 恋人になって 1956

春夏秋冬 夜昼朝晩
あなたがいなけりゃ あたしはダメなの
僅かに半日離れていてさえ
死ぬほど寂しく悲しくなるのよ
どこ得も行かずに一緒にいて頂戴ね きっとね
電話を掛けようか車で行こうか
とにかく今すぐあなたのお声を聞かなきゃ
眠れぬ安心できない
ご飯もろくろく食べられないのよ
いつでもどこでも一緒にいて頂戴ね お約束!


葛蘭(Grace Chang) – 我要你的愛 1957


我要
我要你
我要你的
我要你的爱
你为什么不走过来

我要
我要你
我要你的
我要你的爱
你为什么不说出来

Georgia Gibbs:Wikipedia
雪村いづみ:Wikipedia
Grace Chang:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です