live on November 13, 1961 at the White House
「生まれ故郷の民謡をひかせてもらいます。鳥の歌という曲です。カタルーニャの小鳥たちは、青い空に飛びあがるとピース、ピースといって鳴くのです。」


パブロ・カザルス「鳥たちのうた」(1971年国連スピーチ&イントロ・ミックス)
Casals “El Cant dels Ocells” live on 24 October 1971 at U.N. Day
I have not played the cello in public for many years, but I feel that the time has come to play again. I am going to play a melody from Catalan folklore: El cant dels ocells – The Song of the Birds. Birds sing when they are in the sky, they sing: “Peace, Peace, Peace”, and it is a melody that Bach, Beethoven and all the greats would have admired and loved. What is more, it is born in the soul of my people, Catalonia.

「私は公共の場で長年に亘ってチェロを演奏していません、しかし私はまた演奏する時が来ていることを感じています。El cant dels ocells-『鳥の歌』と言います:私は、カタロニアの民謡のから一つのメロディを演奏しようと思います。鳥たちは空にいるときに歌います、彼らが歌うのは:“Peace, Peace, Peace”(平和、平和、平和)、そして、それはバッハ、ベートーベンそして全ての偉人たちが賞賛し、愛したメロディーになります。 そのうえ、カタルーニャ、わたしの民族の魂の中に生まれるのです。」

パブロ・カザルス:Pablo Casals

パブロ・カザルス(スペイン語:Pablo Casals、カタルーニャ語:パウ・カルラス・Pau Carles Salvador Casals i Defilló, 1876年-1973)は、20世紀のチェロの近代的奏法を確立したチェロ演奏家、指揮者、作曲家です。ヨハン・ゼバスティアン・バッハの「無伴奏チェロ組曲」のLPレコードには、チェロの全ての音楽的な要素が含まれており、チェリストを志す人が必ず聴く名盤です。

1961年12月13日のホワイト・ハウスでの演奏会と1971年10月24日(国連の日)にニューヨーク国連本部での演奏会での「鳥の歌」に関するスピーチを引用しました。国連では故郷(祖国)であるカタルーニャ(=カタロニア:Catalunya)について語った後での言葉です。カタルーニャは現在はスペインの自治州として属していますが、カタルーニャ君主国であったところです。スペイン内乱後はフランコ政権によるカタルーニャ言語の公での使用禁止などの抑圧がありました。「1984年」の作者であるイギリスの作家ジョージ・オーウェル(George Orwell:1903-1950)がスペイン内戦体験のルポルタージュ「カタロニア讃歌」(Homage to Catalonia:1938)は、当時のスペイン、カタルーニャを知るための良い本だと思います。

パブロ・カザルスの「鳥の歌」のスピーチは、単純に鳥の歌声の擬音を「Peace」と表現したものではなく、故郷カタルーニャへの抑圧を表現したものです。地では歌えぬ言葉も空の上では自由に声にすることが出来る、その言葉が「Peace」であるというものです。そして「バッハ、ベートーベンそして全ての偉人たちが賞賛し、愛したメロディー」は民族を超えた音楽の自由であり、それはまたカタルーニャや抑圧されている多くの民族に共通する魂の言葉なのです。
パブロ・カザルスはチェロ演奏でこの理想を語りました。時には言葉は無力となりますが、故郷・祖国を離れてチェロ演奏で人々に自分の願いを伝えることに人生を捧げた、あるいはチェロは彼を裏切らない友であり、彼の言葉でもあったのだと思います。

「鳥の歌」以外クラシック演奏からも20世紀最大のチェリストの言葉は聴こえます。


シューマン チェロ・コンチェルト: Schumann Cello Concerto
[Part 1][Part 2][Part 3]


バッハ 無伴奏チェロ組曲 第1番ト長調: BACH – Suite no 1 for Cello
[Part 1][Part 2]


バッハ ガンバ・ソナタ集: Bach Gamba Sonata
[No1-1st & 2nd mvts][No1-3st & 4nd mvts][No2-1st & 2nd mvts][No2-2st & 3nd mvts]
[No3-1st mvts][No3-2st mvts][No3-3st mvts]

パブロ・カザルス:Wikipedia
カタルーニャ州:Wikipedia

2 thoughts on “パブロ・カザルス「鳥の歌」 :Pablo Casals – El Cant dels Ocells”

  1. やっと 鳥の歌 に挑戦です。
    原歌を参照しながら 歌詞を
    作り 弾きながら 歌いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です