「オペラの怪人」1925年・:The Phantom Of The Opera 1925

監督:ルパート・ジュリアン 出演:ロン・チャニー、メアリー・フィルビン、ノーマン・ケリー、ギブソン・ゴーランド

ガストン・ルルーの原作を映画化したサイレント怪奇映画の傑作です。ロン・チャニー(Lon Chaney)が演じたオペラ座の怪人は、後年のような複雑なキャラクターではなく、歌手クリスティーナ(メアリー・フィルビン:Mary Philbin)に片思いし、隠れ家にさらってしまうという、怪奇映画としての単純な悪人です。それが原作に則したもので、ストーリーのサスペンスを保っています。「千の顔を持つ男」と称されたロン・チャニーの変装は映画史上に残るメイクアップです。

The Phantom of the Opera (1990) 
監督:トニー・リチャードソン 出演:チャールズ・ダンス、テリー・ポロ、バート・ランカスター

バート・ランカスター(Burt Lancaster)主演による1990年にアメリカNBCが製作したアーサー・コピット(Arthur Kopit)版のTVミニシリーズです。これは怪奇映画というよりも、純愛物語として楽しめる作品です。TV作品と言っても他の映画化作品を上回る出来です。個人的にはミュージカル版の2004年作品よりもストーリーに厚みがあり、好みに合った作品です。オペラ座怪人エリック(チャールズ・ダンス:Charles Dance)とクリスティン( テリーポロ:Teri Polo)が歌う「ファウスト」 の場面の演出も秀逸です。


Phantom of the Opera – Lindsey Stirling

The Phantom of the Opera (1925 film):Wikipedia
The Phantom of the Opera (1990 miniseries):Wikipedia
オペラ座の怪人:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です