Joe Cocker – A Little Help From My Friends – Woodstock 1969


Joe Cocker – With A Little Help From My Friends 2002
ドラムス:フィル・コリンズ(Phil Collins)、ギター:ブライアン・メイ(Brian May)

With A Little Help From My Friends

What would you think if I sang out of tune,
Would you stand up and walk out on me.
Lend me your ears and I’ll sing you a song,
And I’ll try not to sing out of key.
Oh I get by with a little help from my friends,
Mmm,I get high with a little help from my friends,
Mmm, I’m gonna try with a little help from my friends.

Do you need anybody?
I need somebody to love.
Could it be anybody?
I want somebody to love.

What do I do when my love is away.
(Does it worry you to be alone)
How do I feel by the end of the day
(Are you sad because you’re on your own)
No, I get by with a little help from my friends,
Mmm, get high with a little help from my friends,
Mmm, gonna to try with a little help from my friends

Do you need anybody?
I need somebody to love.
Could it be anybody?
I want somebody to love.

Would you believe in a love at first sight?
Yes I’m certain that it happens all the time.
What do you see when you turn out the light?
I can’t tell you, but I know it’s mine.
Oh, I get by with a little help from my friends,
Mmm I get high with a little help from my friends,
Oh, I’m gonna try with a little help from my friends

Do you need anybody?
I just need someone to love.
Could it be anybody?
I want somebody to love

Oh, I get by with a little help from my friends,
Mmm, gonna try with a little help from my friends
Ooh, I get high with a little help from my friends
Yes I get by with a little help from my friends,
with a little help from my friends

ジョー・コッカー(OBE, John Robert ‘Joe’ Cocker:1944-)が歌うビートルズ・ナンバー「With A Little Help From My Friends」です。ビートルズのアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブバンド」(Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band)に収録されている曲で、ジョー・コッカーは1968年にこの曲をカバーして全英チャート1位となり、1969年のウッド・ストックへの出演で世界的にも知られるロック・シンガーとなりました。当時のフラワー・ジェネレーションに存在した共同体意識を象徴する歌として、ウッド・ストック・コンサートとともに多くの人たちに記憶されています。

「やってみるよ、友達(複数形のFriends)にちょっと助けてもらって」というだけの歌が今日まで歌い継がれているのは、それが人間が生きるうえでの真実を歌っているからだと思います。悲しい時、苦しい時、一人ではどうしようもならない時、自分の生き方に疑問を持った時、友達のちょっとした言葉や助けが人には必要なのです。

3月11日の東北関東大震災で被害に遭われた方たちの支えとなるのも、友達のちょっとした助けだと思います。その助けは義捐金やボランティア活動をすることだけではありません。被害の状況を知るにつけ、何もしていないと後ろめたさを感じたり嘆くことは間違いです。被害に遭わなかった人たちが働き、学び、音楽や絵画を楽しみ、子供を育て、ときには遊びぶことさえも、そうしたありふれた日常の生活を続けることで国の経済や文化、将来を支え、それが延いては被害地を支えることにつながります。社会の治癒力も人の身体と同じように、傷ついた部位を治すことだけが大切なのではなく、身体全体が健康であることが回復を早めることになるのです。
誰かのためにちょっとした気遣いを持って普通の生活を送ることが友達の助けが大きな力になる。友達を想い、あなたがあなたでいることも、立派に「ちょっとした助け」になっています。

ウッド・ストック世代が「With A Little Help From My Friends」の歌に抱いた理想の社会感は今もたくさんの人たちに受け継がれていると思います。

それでは最後に、ジョー・コッカーのライブを楽しんでください。

The Best of Joe Cocker (Live in Dortmund 1992)

ジョー・コッカー:wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です