本田路津子 – 一人の手

訳詩 本田路津子
作曲 ピート・シーガー

一人の小さな手 何もできないけど
それでも みんなの手と手をあわせれば
何かできる 何かできる

一人の小さな目 何も見えないけど
それでも みんなの瞳でみつめれば
何か見える 何か見える

一人の小さな声 何も言えないけど
それでも みんなの声が集まれば
何か言える 何か言える

一人で歩く道 遠くてつらいけど
それでも みんなのあしぶみ響かせば
楽しくなる 長い道も

一人の人間は とても弱いけれど
それでも みんながみんなが集まれば
強くなれる 強くなれる

それでも みんながみんなが集まれば
強くなれる 強くなれる

「一人の手」(One man’s hands)はアメリカのフォーク・シンガー、ピート・シーガーPete Seeger:1919-)の曲です。オリジナルの歌詞はイギリスのアレックス・コンフォート(Alex Comfort:1920-2000)の詩にピート・シーガーが曲を付けました。
アレックス・コンフォートは「ジョイ・オブ・セックス」(The Joy of Sex)の著作で有名な医学博士で、1960年代の性革命を進めた人で、医学者の立場で、人間の古い慣習からの開放を試みました。その関心はアメリカの公民権運動などの人権擁護や社会正義にも向けられて、その想いでこの詩を作りました。
この歌詞は当時の社会改革や公民権運動の闘いを象徴しており、内容は少し過激でアナーキーとも言えるものですが、真に自由な社会の建設のために団結しようというものです。「tear a prison down」(=刑務所を取り壊す)は当時の政治犯開放を歌詞にしたもので、フランス革命のバスティーユ牢獄の襲撃を連想させます。また「ban the atom bomb」(=原子爆弾を禁止)も、当時の東西冷戦下のアメリカでは国家の方針に反するものでした。それ故にこの歌詞は力強くもあり危険な思想とも受け取られました。しかしこの歌詞には真実の強さがあり、新しい讃美歌ともなりました。
アレックス・コンフォートのオリジナルの歌詞が少し過激であったため、後にケビン ベッカー(Kevin Becker)が新しい詞を書きました。ケビン ベッカーの歌詞も自由と平和への団結について書かれたものですが、具体的な社会闘争の意味合いを避けたものになっています。
日本では本田路津子さん(ほんだ るつこ:1949-)がこの歌詞を訳されました。本田路津子さんはキリスト教徒で近年は讃美歌を歌っておられます。本田路津子さんの訳詞はケビン ベッカーの歌詞を元にしていますが、日本的な「助け合う気持ち」という意味を自らの信仰を元にして、純粋で真実の言葉で日本語の歌詞にしました。

One man’s hands Original Words – 作詞アレックス・コンフォート(Alex Comfort) 1964

One man’s hands can’t tear(break) a prison down,
Two men’s hands can’t tear(break) a prison down,
But if two and two and fifty make a mil-lion,
We’ll see that day come round,
We’ll see that day come round.

One man’s hands can’t shout to make them hear
Two men’s hands can’t shout to make them hear
But if two and two and fifty make a million,
We’ll see that day come round,
We’ll see that day come round.

One man’s eyes can’t see the future clear…
One man’s voice can’t shout to make them hear…
One man’s strength can’t ban the atom bomb…
One man’s strength can’t roll the union on…

(One man’s strength can’t ban the atom bomb・
One man’s strength can’t break the color bar・
One man’s strength can’t make the union roll・
One man’s feet can’t walk around the land・
One man’s eyes can’t see the way ahead・)

One Man’s Hands New Words – ケビン ベッカー(Kevin Becker)

1. One man’s hands can’t build a world of peace
A woman’s hands can’t build a world of peace
But if two by two we work for peace together
We’ll see that day come round
We’ll see that day come round

2. One man’s eyes can’t always see the truth
A woman’s eyes can’t always see the truth
But if two by two we watch for one another
We’ll see that day come round
We’ll see that day come round

3. One man’s ears can’t hear the whole world cry
A woman’s ears can’t hear the whole world cry
But if two by two we listen to each other
We’ll see that day come round
We’ll see that day come round

4. One man’s words can’t set a people free
A woman’s words can’t set a people free
But if two by two we talk to one another
We’ll see that day come round
We’ll see that day come round

5. One man’s heart can’t fill the world with love
A woman’s heart can’t fill the world with love
But if two by two we learn to love each other
We’ll see that day come round
We’ll see that day come round


The Prairie Praise hutterite youth choir – One man’s hands

本田路津子:Wikipedia
ピート・シーガー:Wikipedia
Alex Comfort:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です