Marianne Faithfull – As Tears Go By (1965)

It is the evening of the day,
I sit and watch the children play.
Smiling faces I can see
But not for me,
I sit and watch as tears go by.

My riches can’t buy everything,
I want to hear the children sing.
All I hear is the sound
Of rain falling on the ground,
I sit and watch as tears go by.

It is the evening of the day,
I sit and watch the children play.
Doing things I used to do
They think are new,
I sit and watch as tears go by.

As Tears Go By(意訳)

一日のたそがれ時
わたしは子どもたちの遊びを座って観ている
微笑む顔を見ることが出来る
けれどわたしに向けたものではない
わたしは涙が落ちるにまかせて座って観ている

わたしのお金で全ては買えない
子どもたちの歌声が聞きたい
ただ聞えるのは
雨の地面に降り続く音
わたしは涙が落ちるにまかせて座って観ている

一日のたそがれ時
わたしは子どもたちの遊びを座って観ている
わたしが昔していたようにしていることは
彼らにとって新しいこと
わたしは涙が落ちるにまかせて座って観ている


Marianne Faithfull – My Time Of Sorrow (1965)


marianne faithfull – this little bird

there’s a little bird that somebody sends
down to the earth to live on the wind.
borne on the wind and he sleeps on the wind
this little bird that somebody sends.

he’s light and fragile and feathered sky blue,
so thin and graceful the sun shines through.
this little bird who lives on the wind,
this little bird that somebody sends.

he flies so high up in the sky
out of reach of human eye.
and the only time that he touches the ground
is when that little bird
is when that little bird
is when that little bird dies.


あの胸にもういちど La motocyclette/The girl on a motorcycle (1968)

「涙あふれて」マリアンヌ・フェイスフル

「涙あふれて」(As Tears Go By)はイギリスの歌手・女優マリアンヌ・フェイスフル(Marianne Faithfull 1946-)の1964年のデビュー曲で、ローリング・ストーンズのミック・ジャガーとキース・リチャードが作ったものです。1966年にはローリング・ストーンズもセルフ・カバーしています。
マリアンヌ・フェイスフルはこの歌のヒットにより一躍人気歌手となり、有名人との浮名を流しつつ女優としてもデビューし、アラン・ドロン主演の映画「あの胸にもういちど」(La motocyclette/The girl on a motorcycle:1968)のヒロインに抜擢されたことで人気の頂点に立ちました。しかしその後のドラッグ・オーバードース(薬物過量投与、薬物過剰摂取、drug overdose)のスキャンダルによるイメージの崩壊、薬物依存症の悪化により大きな人生の暗転を迎えました。華々しいデビューとその後の人間関係が彼女の理性の歯車を狂わしたのかもしれません。しかし、かといってこの記事でマリアンヌ・フェイスフルに関して報じられたゴシップやスキャンダルの数々を書くつもりはありません。他人には分らない人の人生を表面的な事象で語ることはできないと思うからです。

しかし芸能界からの凋落の底辺においても彼女は歌うことを忘れず、再び静かに復活しました。その苦しみも人には分らないものですが、彼女の半生の経験によって、初々しい歌声がハスキーに変った以上に歌に深みを与えたと思います。彼女は1990年に「As Tears Go By」をセルフカヴァーしました。それはアイドル歌手として歌ったこの歌に人の人生の重みを感じさせる歌唱でもあり、彼女の人生を反映した、本当にマリアンヌ・フェイスフルの歌になったと思います。

以下は私が好きなマリアンヌ・フェイスフルの味わい深い歌声です。


Marianne Faithfull – The Pleasure Song

I got so much love
So much more
So much more love to give.
I got so much more
So much love
So much more love left to give.
So much pleasure draws me like I never saw.
I have never seen you look like this before.
I got so many lives
So many more
So many more lives to live
I got so much love
So much love
So much more love left to give.
So much pleasure draws me like I never saw.
I have never seen you look like this before.
Are you with me or without me?
Are you with me here or am I alone?

I got somewhere
Somewhere to be
Somewhere to be with you.
There is somewhere
Somewhere to be
Somewhere for me and you.

So much pleasure draws me like I never saw.
I have never seen you look like this before.

Are you with me or without me?
Are you with me now or am I alone?
Can you see me I can see you
Please be with me here so I’m not alone.

So much more to know
Didn’t want to go


MARIANNE FAITHFULL – BOULEVARD OF BROKEN DREAMS


MARIANNE FAITHFULL – ALABAMA SONG


Marianne Faithfull – Mack the Knife


Marianne Faithfull – A Stranger On Earth
まるでマリアンヌ・フェイスフル自身を歌ったような歌詞の曲です。

Some fools don’t know what’s right from wrong,
But somehow those folks belong.
Me, I try for all I’m worth,
But I still remain a stranger on this earth.
Some people gloom, other folk cry.
Me, I have to struggle to keep alive.
Ever since the day of my birth
I’ve been a stranger, stranger on this earth.
I try to be what all folks should,
Forgetting the bad and doing good.
But no matter how I try,
My troubles always multiply.
Now I’ve been doing the best I can
Ever since life began.
Some day when I prove my worth
I won’t be a stranger on earth.
Now I’ve been living the best I can
Ever since my life began.
The day’s gonna come when I prove my worth
And I won’t be no stranger,
No, I won’t be a stranger
On this earth.


Marianne Faithfull – As Tears Go By 2009
人生の荒波を乗り越えてきたマリアンヌ・フェイスフル。とても素敵な笑顔です。

マリアンヌ・フェイスフル:Wikipedia
Marianne Faithfull:Official website

2 thoughts on “涙あふれて – マリアンヌ・フェイスフル特集:As Tears Go By – Marianne Faithfull”

  1. mayumayuさん

    いつも素敵なコメントありがとうございます。
    人生で傷つき悩み、辛く苦しい日々を送る人がたくさんいます。一見華やかな芸能界で自分自身を見失い、薬物依存になってしまったマリアンヌ・フェイスフルは、それだけ繊細で傷つき易い心を持っていたのだと思います。そんな彼女を誰も責めることはできません。
    アイドル時代は彼女のファンではありませんでしたが、復活後の彼女に対しては応援の気持ちを忘れていません。何より彼女は困難な人生を乗り越えて私たちに歌ってくれているのですから。
    1990年の「As Tears Go By」のセルフ・カバーは、彼女が全ての過去を肯定し、そして過去との区切りをつけた決断のときだったと思います。そのときから私にとってこの歌は、彼女への応援歌ともなり、この記事を書く動機となりました。その気持ちがmayumayuさんにも伝わり、とても幸せです。

  2. ビートルズ大好きできたワタシ。マリアンヌにこんなドラマがあったことを知りませんでした。微かにミックの恋人だった事は記憶にありましたが・・・同性として思うのは(勝手な想像ですが)親に充分愛されずに大人になると、恋愛相手に多くを求めてしまい、結局は男は逃げる。重荷になるのでしょうね。『涙あふれて』は梁塵秘抄の『遊びをせんとや生れけむ、戯れせんとや生れけん、遊ぶ子供の声きけば、我が身さえこそ動がるれ』を彷彿とさせる気がします。(あくまでも個人的感想ですが・・・)己の声(身体も、ですよね)に深いダメージを与えずにはいられなかった彼女の心の中の嵐を想像すると、よくぞ難破せずにここまで来たのね、と声をかけたくなりました。
    紹介してくださり、ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です