Johnny Cash – This Train is Bound For Glory


“This Train” performed in Johnny Cash’s Christmas Special 1977 by the Class of 55
左からCarl Perkins, Roy Orbison, Johnny Cash, Jerry Lee Lewis
the Class of 55とは1986年にジョニー・キャッシュ 、 ジェリー・リー・ルイス 、 ロイ・オービソン や カール・パーキンスの4人がリリースしたエルヴィス・プレスリーのトリビュート・アルバムのタイトルです。1954年にエルヴィス・プレスリーがサン・レコードからデビューした翌年にデビューしたジョニー・キャッシュの同窓会という意味あいだと思います。


Raymond Crooke CD[Gospel Ship]より – This Train is Bound For Glory

Gospel

This train is bound for glory, this train,
This train is bound for glory, this train,
This train is bound for glory,
Don’t ride nothin’ but the righteous and holy
This train is bound for glory, this train.

This train don’t carry no gamblers, this train,
This train don’t carry no gamblers, this train,
This train don’t carry no gamblers
No hypocrites, no midnight ramblers,
This train is bound for glory, this train.

This train don’t carry no liars, this train,
This train don’t carry no liars, this train,
This train don’t carry no liars,
Truth is what the Lord desires,
This train is bound for glory, this train.

This train is bound for glory, this train,
This train is bound for glory, this train,
This train is bound for glory,
Don’t ride nothin’ but the righteous and holy
This train is bound for glory, this train.

Lyrics by Woody Guthrieウディ・ガスリーの歌詞

This train is bound for glory, this train.
This train is bound for glory,
Don’t carry nothing but the righteous and the holy.
This train is bound for glory, this train.

This train don’t carry no gamblers, this train;
This train don’t carry no gamblers, this train;
This train don’t carry no gamblers,
Liars, thieves, nor big shot ramblers,
This train is bound for glory, this train.

This train don’t carry no liars, this train;
This train don’t carry no liars, this train;
This train don’t carry no liars,
She’s streamlined and a midnight flyer,
This train don’t carry no liars, this train.

This train don’t carry no smokers, this train;
This train don’t carry no smokers, this train
This train don’t carry no smokers,
Two bit liars, small time jokers,
This train don’t carry no smokers, this train.

This train don’t carry no con men, this train;
This train don’t carry no con men, this train;
This train don’t carry no con men,
No wheeler dealers, here and gone men,
This train don’t carry no con men, this train.

This train don’t carry no rustlers, this train;
This train don’t carry no rustlers, this train;
This train don’t carry no rustlers,
Sidestreet walkers, two bit hustlers,
This train is bound for glory, this train.

カントリー・ミュージックの大物シンガー・ソング・ライターであったジョニー・キャッシュ(Johnny Cash:1932-2003)はデビュー当初はゴスペル・ミュージックを歌いました。しかし、これがまったく売れなかったためにカントリーに転向し、その後フォークやロックのナンバーを自分なりにアレンジして歌い独自のスタイルを確立しました。
「This Train is Bound For Glory」はウディ・ガスリー(Woodrow Wilson “Woody” Guthrie:1912-1967)もアレンジ、改作して、「Bound For Glory」として彼の自伝のタイトルとしても使いました。また自伝「Bound For Glory」は1976年にデビッド・キャラダイン(David Carradine:1936-2009)がウディ・ガスリーを演じて映画化されました。そのためこの歌はウディ・ガスリーの生き方とともに関連付けられることが多いのですが、元々はサザン・ゴスペル・ミュージックの歌です。

歌の内容は「正義と聖なるものだけを乗せる栄光を得るためのこの列車」に乗れない者たちを挙げている単純なものです。ここで言う栄光(Glory)は単に社会的な名声や名誉ではなく、人間としての生き方を達成できる恵みという意味です。「道徳や法律に反する悪いことをしてはいけませんよ。」ということを言っているお説教の歌と言ってしまえばそれまでですが、ゴスペルが広く歌われ、黒人の世界の支えとなったのは、その裏に自分たちを苦しめる差別と犯罪が渦巻く社会があったからです。この歌に歌われる者たちに自分たちの生活を苦しめているのにどうにもできない、その救いを求める叫びがゴスペルとなったのです。
過って麻薬中毒で逮捕されたジョニー・キャッシュにとっては人生の戒めとして、いろいろな社会差別と戦ったウディ・ガスリーにとっては自らの生き様の指針としてこの歌があったのだと思います。

ゴスペルとウディ・ガスリーの歌詞に出てくるのは、
Gamblers 賭博師たち
Liars 嘘つきたち
Hypocrites 偽善者たち
Thieves 盗賊たち
Midnight ramblers 真夜中にうろつく奴ら
Big shot ramblers 大物の冗舌家たち
Midnight flyer 急行列車、深夜飛行ではなくて、向こう見ずな奴ら
Smokers タバコの喫煙者でなく、麻薬中毒者たち
Two bit liars お粗末な嘘つきたち
Small time jokers けちなおどけ者たち
Con men パクリ屋たち
Wheeler dealers 巧妙なやり口の策士たち
Here and gone men ことわざ「Here today and gone tomorrow.」(有為転変は世のならい 席の暖まるひまもない.)から、コロコロ変る奴ら
Rustlers 泥棒たち
Sidestreet walkers  裏道を歩く奴ら
two bit hustlers お粗末なペテン師、詐欺師たち
です。

ところで、あなたはこの列車に乗る切符をしっかり持っていますよね?


Lulu Roman – Train Bound For Glory (Southern Gospel Music)
元電話オペレーター、ゴーゴー・ダンサーからおデブキャラのコメディアン、サザン・ゴスペル・シンガーとなったルル・ローマン(Lulu Roman)の別バージョンです。

ジョニー・キャッシュ:Wikipedia
カール・パーキンス:Wikipedia
ロイ・オービソン:Wikipedia
ジェリー・リー・ルイス:Wikipedia
Lulu Roman:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です