今日は日本にも多いジュリー・ロンドンのファンの方のために書いた記事です。彼女の映像と歌を集めてみました。お楽しみください。


The Julie London Show, 1964


Colour TV Show
【Cry Me A River】 【Bye Bye Blackbird】 【Rain Medley】 【The Hi-Los Blues Medley】 【My Baby Just Cares For Me】 【Mickey Mouse Club March and kiss goodbye 】 【Gotta Move, Gotta Get Out】


どの曲もジュリー・ロンドンならではの魅力があります。
【Sway】 【When I fall in love】 【Misty】 【Black Coffee】 【The Good Life】 【Go Slow】 【Treat Me Good】 【Blue Moon】 【Wives and Lovers】 【I Left My Heart In San Francisco 】 【The End of the World】 【The Boy From Ipanema】 【Am I Blue?】 【Yummy, Yummy, Yummy】 【September In The Rain】 【As Times Goes By】 【Lonely girl】 【Charade】 【Never on Sunday】 【Why don’t you do right】 【It’s a Blue World】 【Hello, Dolly!】 【No Moon at All】 【S’Wonderful】 【My Kind Of Town (Chicago)】 【Me & My Shadow】 【Besame Mucho】 【Fly me to the moon】

出演映画

ジュリー・ロンドンが主演女優の映画「西部の旅がらす」です。同じ年の「西部の人」(Man of the West:1958)ではゲーリー・クーパーと共演しました。
「ギャング紳士録」(The George Raft Storu:1961)、「0011ナポレオン・ソロ スラッシュの要塞」(Helicopter Spies:1967)は映画に花を添えるゲスト出演でした。その点で西部劇の二作は彼女の貴重な出演映画です。


「西部の旅がらす」Saddle the Wind (1958)
脚本はトワイライト・ゾーンで有名なロッド・サーリング(Rod Serling)、ロバート・テイラー(Robert Taylor)と共演した西部劇映画です。原題の「風を鞍にして」は流れ者のガンマンという意味です。

Sometimes I’d like to saddle the wind and ride to where you are.
We may meet in a valley or on a green hill.
Will I be yours? You know I will.
Dearest one,
My place in the sun
Is by your side I know.
So if I could, I’d saddle the wind.
Some starry night I’d saddle the wind
And straight to your arms I’d go.

Dearest one,
My place in the sun
Is by your side I know.
So if I could I’d saddle the wind
Some starry night I’ll saddle the wind
And straight to your arms I’ll go.


Julie London – I’m Coming Back To You (Kent / Warren)1963

(Du-du-du-du-du-du-du-dut)
(Du-du-du-du-du-du-du-dut)

I was a fool to step aside
And let you run to someone new
But I won’t be a fool anymore
I’m coming back to you

Can’t bear to think you’re kissing her
It tortures me the whole night through
But I won’t take that torture anymore
I’m coming back to you
I’m coming back to you

She’s got no right to hold you tight
Her days are over…….beginning tonight

Your lips belong to me alone
No one could love you like I do
And I can’t live without you anymore
I’m coming back to you
I’m coming back to you

(Du-du-du-du-du-du-du-dut)
(Du-du-du-du-du-du-du-dut)

Your lips belong to me alone
No one could love you like I do
And I can’t live without you anymore
I’m coming back to you
I’m coming back to you

(Du-du-du-du-du-du-du-du-ooh)
I’m coming back to you
(Du-du-du-du-du-du-du-du-ooh)
I’m coming back……FADE

これは個人的に好きなジュリー・ロンドンの歌です。
数年後にガールズ・コーラス・グループの「レノン・シスターズ」(The Lennon Sisters)もカバーしました。歌詞は一度別れた男のところに「あなたがいないとダメだから戻ってきたわ」というものです。しかしジメジメした感じがなくて、去るも戻るも女性主導であるところは、この時代に女性の権利意識がようやく定着したことを感じさせます。そんな理屈がなくてもこうしたポップスをハスキー・ボイスでさらりと流しながら軽く歌うところがジュリー・ロンドンのカッコ良さです。
ジュリー・ロンドンの魅力はこのカッコよさにありました。美人とか、セクシーということは彼女の本当の魅力ではありません。だからこそ彼女には女性ファンも多いのです。

ジュリー・ロンドン:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です