Wynn Stewart – It’s such a pretty world today


Wynn Stewart – It’s such a pretty world today

It’s such a pretty world today look at the sunshine
And every day’s the same since I met you
It’s such a pretty world today knowing that you’re mine
And happinsess is being close to you

And though the rain may fall my skies will all be blue
If I look close enough the sun will come shining through
It’s such a pretty world today look at the sunshine
Today and every day since I met you
[ steel + guitar ]

It’s such a pretty world today…
And though the rain may fall…

「It’s such a pretty world today」はウィン・スチュアート(Wynn Stewart:Winford Lindsey Stewart:1934–1985)が歌い、1967年のカントリー・チャート№1ヒットとなった曲で、彼の生涯で一番のヒットとなりました。このヒットを受けてアンディ・ラッセルやフランク・シナトラ、ロレッタ・リン、ワンダ・ジャクソンなどもカバーしました。作曲者のデール・ノエ(Dale Noe:?-2004)はこの曲で1967年のCMAソング・ライター賞を獲得しましたが、2004年にフェニックスで死亡するまでの彼に関するその後の情報はほとんどありません。

恋心の喜びを歌った単純なカントリー・ソングと言えばそれまでですが、単純な感情表現だからこそ誰もが感じる想いがあります。飾り気が無い分だけオールド・カントリー・ソングは人間的な歌だと思いますが、それだけに時代の流行からすれば古いスタイルと思われやすいものです。ただ始めから耳を傾けない人たちは自分の先入観の中で生きていて、楽しみを得る機会を失っているのではないでしょうか?

ウィン・スチュアートの曲をもう一曲、Take Me As I am (Or Let Me GO)です。この曲はGeorge Jones、Bob Dylan、Bobby Bare、Gene Watsonなどのカバーがあります。


Wynn Stewart – Wishful Thinking (1959)


Wynn stewart – Big, Big Love

Wynn Stewart:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です