ワルター・ワンダレイ:Walter Wanderley – Summer Samba


マルコス・ヴァーリ:Marcos Valle – Samba de Verão


アストラッド・ジルベルト:Astrud Gilberto – So nice

Someone to hold me tight
That would be very nice
Someone to love me right
That would be very nice
Someone to understand
Each little dream in me
Someone to take my hand
And be a team with me

So nice, life would be so nice
If one day I’d find
Someone who would take my hand
And samba through life with me

Someone to cling to me
Stay with me right or wrong
Someone to sing to me
Some little samba song
Someone to take my heart
And give his heart to me
Someone who’s ready to
Give love a start with me

Oh yeah, that would be so nice
I could see you and me, that would be nice

Someone to hold me tight
That would be very nice
Someone to love me right
That would be very nice
Someone to understand
Each little dream in me
Someone to take my hand
To be a team with me
So nice, life would be so nice
If one day I’d find
Someone who would take my hand
And samba through life with me

Someone to cling to me
Stay with me right or wrong
Someone to sing to me
Some little samba song
Someone to take my heart
And give his heart to me
Someone who’s ready to
Give love a start with me

Oh yes, that would be so nice
Shouldn’t we, you and me?
I can see it will be nice…

So Nice (Summer Samba)はマルコス・ヴァーリ(Marcos Valle:1943-)が1966年に作曲したサンバの代表曲のひとつです。当初のヒットはワルター・ワンダレイ(Walter Wanderley:1931-1986)によるインストゥルメンタルです。その後マルコス・ヴァーリの兄パウロ・セルジオ・ヴァーリが英語詞を付け、アストラッド・ジルベルト(Astrud Gilberto)やヴィッキー・カー(Vikki Carr:1941-)などがカバーしてアメリカなどの国外においてもヒットしました。ブラジル音楽のアメリカへの輸入は1962年のボサノヴァ「イパネマの娘」(The Girl from Ipanema)などがあったことと、この頃アメリカでは海外の曲を輸入する一種のブームがあったことでヒットしやすい土壌がありました。

So Nice (Summer Samba)は最初に曲の良さがあってヒットしたものですが、後に付けられた英語詞も単純ですが、夏の恋の出会いの予感を感じさせる優れたもので、これもヒットだけでなく、スタンダード・ミュージックとなった要因です。それはジャズのカバーなどを聴くとよく分ると思います。ワルター・ワンダレイのインストゥルメンタルは今ではどこかのBGMのようですが、歌詞が歌われることで夏の情感・気分が沸き立ちます。

最近ではサンバというよりもジャズの定番となっています。いろいろな歌手がカバーしていますが、今日はステイシー・ケント(Stacey Kent)のカバーを聴いてみてください。夏の明るい日差しというよりも夕暮れに似合いそうなアレンジですが、これはこれで良い雰囲気です。


ステイシー・ケント:Stacey Kent – So Nice

Summer Samba:Wikipedia
マルコス・ヴァーリ:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です