All things must pass

Sunrise doesn’t last all morning,
a cloudburst doesn’t last all day.
Seems my love is up
and has left you with no warning.
It’s not always been this grey.
All things must pass,
all things must pass away.

Sunset doesn’t last all evening,
a mind can blow those clouds away.
after all this my love is up
and must be leaving.
It has not always been this grey.
All things must pass,
all things must pass away.

All things must pass
none of life’s strings can last.
So I must be on my way,
face another day.
Darkness only stays at nighttime,
in the morning it will fade away.
Daylight is good
at arriving at the right time.
It’s not always
will to be this grey.
All things must pass,
all things must pass away.
All things must pass,
all things must pass away.


George Harrison – An Alternate All Things Must Pass (album)

00:00:00 I’d Have You Anytime
00:01:51 My Sweet Lord
00:05:25 Wah-Wah
00:09:58 Isn’t it a Pity (version 1)
00:15:19 What is Life
00:20:32 If not for You
00:22:25 Behind That Locked Door
00:25:54 Let it Down
00:32:37 Run of the Mill
00:35:40 I Live for You
00:39:11 Beware of Darkness
00:43:06 Apple Scruffs
00:45:56 Ballad of Sir Frankie Crisp (Let it Roll)
00:49:30 Awaiting on You All
00:52:10 All Things Must Pass
00:56:50 I Dig Love
01:01:45 Art of Dying
01:05:09 Isn’t it a Pity (version 2)
01:08:10 Hear Me Lord
01:13:22 It’s Johnny’s Birthday
01:14:12 Plug Me In
01:17:44 I Remember Jeep
01:26:25 Thanks For the Pepperoni
01:32:17 Out of the Blue

1970年4月、ポール・マッカートニーの脱退を期にザ・ビートルズ(The Beatles)は解散しました。ジョージ・ハリスンは同年11月にビートルズ時代に書き溜めた曲や新曲を収録した3枚組のアルバム「オール・シングス・マスト・パス」を発表しました。このアルバムはビートルズ時代には抑えられていたジョージ・ハリスンの才能を知らしめたロックの傑作です。
内容的には内省的な歌詞や、当時彼が傾倒していたヒンドゥー教の教義に影響を受けた歌詞がありますが、それらがアルバム全体に深みを与え、フィル・スペクターのプロデュースにより上質のロックとなっています。
「All things must pass」のタイトルは「全てのものは過ぎ去る。」という世の無常を現したもので「諸行無常」を英訳した言葉です。ヒンドゥー教でも創造、維持、破壊の3大神が一体となって宇宙を司っているとしたうえで、精神的実在であるブラフマン「梵」またはアートマン「我」以外に実在する物は無いという無常観があります。ジョージ・ハリスンはビートルズのメンバーとして社会的、経済的には成功を得ましたが、個人的にはメンバーによる確執や争い、妻との離婚などの精神的な負担を持っていました。それらが彼を宗教の悟りの道に導いたのだと思います。アルバム「オール・シングス・マスト・パス」では、「Isn’t It A Pity」は別れた妻への想い、「My Sweet Lord」では自らの信仰、そして表題曲「All things must pass」では精神的な感傷を乗り越えるための宗教的な無常観が歌われています。
自分の心に悩みがある人や自分自身の欲望を求める人には他人は見えません。ジョージ・ハリスンにとってはヒンドゥー教への傾倒がそれらの精神的な拘束「業」から開放される道だったのです。そしてジョージ・ハリスンが「業」を乗り越えたことで「我」から他の人を思いやる心が増し、1971年8月の「バングラデシュ難民救済コンサート」(The Concert for Bangla Desh)を主催する意欲へ向かわせたと思います。
「All things must pass」に見られるこの宗教観は続くアルバム「Living In The Material World:1973」「Dark Horse1974」ではより強まり、「Extra Texture (Read All About It):1975」では薄らぎました。それらの変化は音楽家として重要な時期であったとともに、精神的な安らぎを得るまでの、彼の人生にとっても重要な軌跡であったと思います。


The concert for bangladesh
1971年8月1日にジョージ・ハリスン主催で開催された「バングラデシュ難民救済コンサート」(The Concert for Bangla Desh)のライブです。このライブを収録したアルバムは、1972年度のグラミー賞の年間最優秀アルバム賞しました。掲載した動画はボブ・ディランの「女の如く」(Just Like A Woman)まで。編集版のため複数の収録曲がカットされています。
ちなみにアルバム収録曲は以下の通りです。
01) イントロダクション (George Harrison/Ravi Shankar Introduction)
02) バングラ・デューン (Bangla Dhun” mdash)(Ravi Shankar)
03) ワー・ワー (Wah-Wah)
04) マイ・スウィート・ロード (My Sweet Lord)
05) アウェイティング・オン・ユー・オール (Awaiting On You All)
06) 神の掟 (That’s The Way God Planned It) (Billy Preston)
07) 明日への願い (It Don’t Come Easy)(Richard Starkey)
08) ビウェア・オブ・ダークネス (Beware Of Darkness)
09) バンド・イントロダクション (Band Introduction)
10) ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス (While My Guitar Gently Weeps)
11) ジャンピン・ジャック・フラッシュ~ヤングブラッド (Medley: Jumpin’ Jack Flash/Young Blood)
12) ヒア・カムズ・ザ・サン (Here Comes The Sun)
13) はげしい雨が降る (A Hard Rain’s A-Gonna Fall)(Bob Dylan)
14) 悲しみは果てしなく (It Takes A Lot To Laugh, It Takes A Train To Cry)(Bob Dylan)
15) 風に吹かれて (Blowin’ In The Wind)(Bob Dylan)
16) ミスター・タンブリン・マン (Mr. Tambourine Man)(Bob Dylan)
17) 女の如く (Just Like A Woman)(Bob Dylan)
18)サムシング (Something)
19)バングラ・デッシュ (Bangla Desh)


George Harrison – Something (Anthology version)


George Harrison – While My Guitar Gently Weeps (Anthology version)

ジョージ・ハリスン:Wikipedia
バングラデシュ・コンサート:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です