Fortunella (キンカン1957)  監督:Eduardo De Filippo

Fortunella Soundtrack プレイリスト

イタリア映画「Fortunella」(キンカン,Happy-go-lucky Girl:1957)は、ヴィットリオ・デ・シーカ(Vittorio De Sica)が監督した「あゝ結婚」(Marriage Italian Style:1964)や「昨日・今日・明日」(Yesterday Today and Tomorrow:1963)の脚本を書いたエドゥアルド・デ・フィリッポ(Eduardo De Filippo:1900-1984)の監督作品です。エドゥアルド・デ・フィリッポはイタリアのナポリ出身の作家や詩人、劇作家、脚本家、また俳優として活躍した有名な才人です。
「キンカン」はこの映画でジュリエッタ・マシーナが演じた主人公Nanda Diotalleviのニック・ネームです。映画は明るく楽しい楽天的な、とても愛すべきコメディドラマです。
この映画には脚本にフェデリコ・フェリーニが参加、ジュリエッタ・マシーナが主演、ニーノ・ロータ(Nino Rota:1911-1979)が音楽を担当するなど、実質的にはフェリーニ映画とも思えるスタッフとキャストです。 日本では余り知られていない映画ですが、この映画が特に伝説的であるのは、ニーノ・ロータのサウンドトラックに因ります。このサウンド・トラックのメロディは後にフェリーニの「甘い生活」やフランシス・コッポラの「ゴッド・ファーザー」にも再使用されました。特に有名なのは「ゴッド・ファーザーのテーマ」です。ちょっと有名なトリビアですので覚えておいても良いと思います。
この頃、ニーノ・ロータはハリウッドの名匠キング・ヴィダーが監督した大作『戦争と平和』(1956)やフェデリコ・フェリーニ監督作品「カビリアの夜」(Le Notti di Cabiria:1957)、ルキノ・ヴィスコンティ監督作品「白夜」(Le Notti bianche:1957)(主題歌「スクーザミ」)などで、映画音楽の作曲家としての地位も確立しました。
映画「Fortunella」のサウンドトラックはノスタルジックな雰囲気とエキゾチックな雰囲気を併せ持ったニーノ・ロータの映画音楽の魅力溢れる貴重な音源です。


Nino Rota – The Godfather (Love Theme)


アンディ・ウィリアムス:Andy Williams – 「ゴットファーザーの愛のテーマ」Speak Softry Love

ニーノ・ロータ:Wikipedia
Eduardo De Filippo:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です