リュシエンヌ・ボワイエ:Lucienne Boyer – Mon coeur est un violon, 1945

【私の心はヴァイオリン: Mon coeur est un violon 歌詞】

Mon cœur est un violon
Sur lequel ton archer joue
Et qui vibre tout du long
Appuyé contre ta joue
Tantôt l’air est vif est gai
Comme un refrain de folie
Tantôt le son fatigué
Traîne avec mélancolie

Dans la nuit qui s’achève
Mon cœur est plein de toi
La musique est un rêve
Qui vibre sous tes doigts
Sous tes doigts la caresse
Rend mon désir si fort
Qu’il va jusqu’à l’ivresse
Et meurt à la fin de l’accord

La la la la ….

Tantôt l’air est vif est gai
Comme un refrain de folie
Tantôt le son fatigué
Traîne avec mélancolie
Et vibre à l’unisson
Mon cœur est un violon

(意訳)

私の心はヴァイオリン
あなたの弓で弾かれれば
すっかり震えてしまうの
あなたの頬にもたれて
時には明るく澄んだ調べで
狂おしいルフランを
時には気だるい音で
メランコリーに響き渡る

夜が更ければ
私の心はあなたで一杯
夢のような音楽
あなたの指の下で震える
あなたの指の愛撫で
私の欲望はとても強くなり
陶酔するほどに
そのハーモニーに私は死んでしまいそう

ララララ….

あなたの頬にもたれて
時には明るく澄んだ調べで
狂おしいルフランを
時には気だるい音で
メランコリーに響き渡る
そして共鳴して震えるの
私の心はヴァイオリン…

「私の心はヴァイオリン」(Mon coeur est un violon)は、19世紀の詩人ジャン・リシュパン(Jean Richepin:1849-1926)の詩「Le violon」(ヴィオロン)に基づいて、ミアルカ・ラパルスリー(Miarka Laparcerie)が1945年に作詞作曲したシャンソンです。
この歌はリュシエンヌ・ボワイエ(Lucienne Boyer)が最初に歌ってヒットし、彼女の代表曲のひとつともなりました。その後、1953年にパラマウントが映画「失われた少年」(Little Boy Lost)を製作した際に、主演のビング・クロスビーがこの歌をカバーしてアメリカをはじめ、世界的にも知られるようになりました。
「失われた少年」は主人公のアメリカの従軍記者がフランス人女性と結婚した後、第二次世界大戦によるドイツ軍進攻によってパリを離れることになり、フランスに残してきた妻がナチによって死刑になったこと、遺児がいることを知る。そして戦後になって自分の息子を捜す物語で、フランス人俳優が多数出演していました。第二次世界大戦によって連合国軍として進駐したアメリカはフランスにジャズなどをもたらし、反対にフランスからはシャンソンを輸入するという大規模な文化交流がありました。そうした下地があったことから、映画が作られ、多くのシャンソンがアメリカで流行しました。「私の心はヴァイオリン」もその中の一つで、英語の歌詞も付けられました。日本では戦後のシャンソン・ブームによって紹介されたので、アメリカとは伝播の経緯が異なっています。

ジャン・リシュパンはアルジェリア生まれのフランス人で、アカデミー・フランセーズ会員であり、多くの詩や小説を残しました。また、サラ・ベルナールの演劇の脚本などを手掛けたことでも知られています。詩集「浮浪者の唄」、小説「片目の男」「乞食達の王のバラード」などが代表作です。
「私の心はヴァイオリン」の歌詞は、ジャン・リシュパンの「Le violon」から愛の情熱という部分を抽出して書かれたものです。多分にセクシャルなダブル・イメージの箇所が多いので、掲載した意訳は参考程度と思ってください。まあ色っぽいシャンソンということですが、メロディの美しさがこの歌の品位を保っていて、その兼ね合いが絶妙です。フランス人はこの辺のところがとても上手です。さすがにこの歌詞は英語や日本語にできなかったので、英語、日本語の歌詞はロマンチックでおとなしい恋の歌になっていました。

ビング・クロスビー:Mon coeur est un violon : Bing Crosby.(in french) avec Paul Durand et son orchestre

Lane Augustin & Ken Dodd sing – in French & English: Mon Coeur est un Violon “LOVE IS LIKE A VIOLIN

Love is like a violin 英語歌詞

Love is like a violin
With it’s strings around your heart
Soft and sweet when dreams begin
Sadly crying when you part
Make my heart your violin
Lay in now and tell me this
In the music of a kiss
Let me hear you say I love you

Make my heart your violin
Lay in now and tell me this
In the music of a kiss
Let me hear you say I love you

(意訳)

愛はバイオリンのよう
あなたのハートを鳴り廻り
夢の始まりはソフトで甘く
あなたのパートのときは悲しげに泣いて
私をあなたのバイオリンの気にさせて
さあ横たわって、私にこれを語って
キスの音楽の中で
私に聞かせて、あなたの愛の言葉を

私をあなたのバイオリンの気にさせて
さあ横たわって、私にこれを語って
キスの音楽の中で
私に聞かせて、あなたの愛の言葉を

Le violon Jean Richepin
(参考) ジャン・リシュパンの詩「ヴィオロン」

Mon cœur est un violon
Sur lequel ton archet joue,
Et qui vibre tout du long,
Appuyé contre ta joue.

Tantôt l’air est vif et gai
Comme un refrain de folie,
Tantôt le son fatigué
Traîne avec mélancolie.

C’est la chanson des baisers
Qui d’abord court, saute et danse,
Puis en rythmes apaisés
S’endort sur une cadence.

C’est la chanson des seins blancs
Qui s’enflent comme des vagues,
Puis se calment, tremblant
Puis comme un lac aux frissons vagues.

C’est la chanson de ton corps
Qui fait chanter ses caresses,
Puis s’éteint dans des accords
De langoureuses paresses.

C’est la chanson qui rend fou.
Rend-moi fou, ça te regarde;
Mais si tu fais trop joujou
Sur le violon, prend garde!

Prends garde! L’âme est debout;
Les quatre cordes, tordues
Sur les clefs tout près du tout,
Jusqu’à casser sont tendues.

Et pourtant, ô fol archet,
Sur ces cordes tu gambilles
Comme ce clown qui marchait
En dansant sur des coquilles.

Tu vas, tu les prends d’assaut,
Et tu mords leur nerf qui vibre,
Et tu bondis, et d’un saut
Tu leur fais grincer la fibre;

Et pleurant à pleine voix,
Pour si peu que tu le veuilles,
Les cordes, l’âme et le bois,
Tremblent ainsi que des feuilles.

A force de t’amuser
En caprices trop agiles,
Tu finiras par user
Les pauvres cordes fragiles.

Rompu comme un vieux tremplin,
Déjà le bois perd sa force,
Et sur l’âme qui se plaint
Il se fend comme une écorce.

Un jour, sous un dernier coup,
La merveilleuse machine
Entre tes doigts et ton cou
Laissant craquer son échine,

Dans un tradéridéra
Ou quelque autre galipète
L’instrument éclatera
Comme une bulle qui pète.

Prends garde! le bois méchant
Entrera dans ta main douce;
Les cordes en se lâchant
Te cingleront la frimousse.

Alors l’archet, mais en vain,
Regrettera ses folies;
Car du violon divin
Et des cordes abolies

Il ne te restera plus
Qu’un trait bleu sur ta peau mate,
Des repentirs superflus,
Et puis du sang sur la patte.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です