Bach – Jesus, Joy of Man’s Desiring (ORGAN)
Andre Bernard & Jean-Louis Gil


Bach: Cantata, BWV 147, Jesu, Joy of Man’s Desiring


シセル・シルシェブー:Sissel Kyrkjebø – Jesu, Joy of Man’s Desiring (BACH)

(ドイツ語歌詞)

第6曲コラール (第一部 終曲)

Wohl mir, daß ich Jesum habe,
O wie feste halt ich ihn,
Daß er mir mein Herze labe,
Wenn ich krank und traurig bin.
Jesum hab ich, der mich liebet
Und sich mir zu eigen gibet;
Ach drum laß ich Jesum nicht,
Wenn mir gleich mein Herze bricht.

第10曲コラール (第二部 終曲)

Jesus bleibet meine Freude,
Meines Herzens Trost und Saft,
Jesus wehret allem Leide,
Er ist meines Lebens Kraft,
Meiner Augen Lust und Sonne,
Meiner Seele Schatz und Wonne;
Darum laß ich Jesum nicht
Aus dem Herzen und Gesicht

Jesu, joy of man’s desiring,
Holy Wisdom, Love most bright;
Drawn by Thee, our souls aspiring
Soar to uncreated light.
Word of God, our flesh that fashioned,
With the fire of life impassioned,
Striving still to truth unknown,
Soaring, dying round Thy throne.

英語歌詞

Through the way where hope is guiding,
Hark, what peaceful music rings;
Where the flock, in Thee confiding,
Drink of joy from deathless springs.
Theirs is beauty’s fairest pleasure;
Theirs is wisdom’s holiest treasure.
Thou dost ever lead Thine own
In the love of joys unknown.
Striving still to Truth unknown,
Soaring, dying, ‘round thy throne.

「主よ、人の望みの喜びよ」(Jesu, meiner Seelen Wonne:Jesus, Joy of Man’s Desiring)は、1723年にヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach:1685-1750)がライプツィヒの聖トーマス教会の「聖母月の最後の日、聖母の訪問の祝日」のために書いたと云われる10曲のカンタータ(プロテスタント教会の礼拝音楽)の中の曲です。「der kantate BWV 147」(カンタータ 第147番) 「Herz und Mund und Tat und Leben」(口と心と行いと生きざまもて) 第6曲、第10曲コラールで歌われ、イギリスのピアニスト、マイラ・ヘス(Dame Myra Hess DBE:1890-1965)がピアノソロに編曲したことから独立した曲として演奏されるようになりました。(宗教的な記事ではないので、本日は歌詞の訳は掲載しません。)

「主よ、人の望みの喜びよ」は本来は、クリスマスのための音楽ではありませんが、曲として独立してからはクリスマスの時期にも聞かれるようになりました。個人的にも、このクリスマスが近まると思い出すクラシック音楽ということで、この美しい曲を紹介しました。

シセル(Sissel:1969-)はノルウェー出身の国民的歌手で、1997年の映画「タイタニック」のサウンドトラックでスキャットを担当してからは、国際的に活動しています。そのころからシセル・シルシェブー(Sissel Kyrkjebø)から「シセル」という名義を使用しています。日本でも来日公演やテレビCMなどで彼女の歌が使用されていたのでご存知の方も多いと思います。

シセル:Sissel – アヴェ・マリア:Ave Maria (Bach/Gounod)

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ:Wikipedia
マイラ・ヘス:Wikipedia
シセル:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です