「Bring it home to me」はアメリカのR&Bのシンガーソングライター、サム・クックの1962年の曲で、日本では「悲しき叫び」の邦題が付いていました。後にアニマルズやジョン・レノンのアルバム「ロックン・ロール」、ポール・マッカートニー、ロッド・スチュアート、ボン・ジョビなど、多くのロックシンガーたちにカバーされて、ロックン・ロールのクラシックともなっています。また、1976年にはカントリーのミッキー・ギリーがカバーして、U.S. Billboard Hot Country Singles1位になるなど、息の長い支持を受けている曲です。やはり名曲は誰が歌っても味わいがあります。

ということで、今日は、そのカバーの中でも有名なものを聴き比べてみてください。
歌詞の内容はとてもシンプル、去ってしまった恋人に向けて、「心変わりしてくれるなら戻ってきておくれ、宝石でもお金でもなんでも揚げるから、一生君の奴隷になるから、君が傍に居ないと淋しくて憂鬱、どうか家に戻ってきておくれ」、というようなことを歌っています。R&Bや初期のロックンロールは日本の演歌と同じように、聴く人の心の琴線をシンプルな言葉で刺激します。上辺だけの言葉で書かれたハート・ウォーミング・ソングなんかよりずっとパワーがあります。このストレートでシンプルなところが良いんですね。それがジョン・レノンの好みにも合っていたのだと思いますし、当時の若者たちの直情的な気持ちを代弁していたのだと思います。
しかしこの曲、単純にラブバラードとして聴かずに女性の心情と考えると、「Bring it home to me」の「it」が愛する人・その命とも採れます。こじつけの解釈では兵役などで遠く離れている恋人への想いの歌とも思えます。それこそが才人サム・クックが「ワンダフル・ワールド」と同じように、この歌に仕掛けたダブル・ミーニング(double meaning)だと思います。


Sam Cooke – Bring it on home to me (1962)
Wilson Picket – Bring it on home to me (1968)
B.B King & Paul Carrack – Bring it on home to me
Mickey Gilley – Bring it on home to me (1976)


The Animals – Bring It On Home To Me (1965)

If you ever change your mind
About leaving, leaving me behind Oh Oh
Bring it to me, bring your sweet loving,
Bring it on home to me
yeah, (yeah), yeah, (yeah), yeah, (yeah)

I know I laughed when you left
But now I know I only hurt myself
Oh Oh, bring it to me,
Bring your sweet loving
Bring it home to me
yeah, (yeah), yeah, (yeah), yeah, (yeah)

I’ll give you jewelry and money too
That ain’t all, that ain’t all I do for you,
Baby if you bring it to me,
bring your sweet loving

Bring it on home to me
yeah, (yeah), yeah, (yeah), yeah, (yeah)

You know I’ll always be your slave
‘til I’m buried, buried in my grave
Oh honey, bring it to me, bring your sweet loving,
bring it on home to me.
yeah, (yeah), yeah, (yeah), yeah, (yeah)

You know I tried to treat you right
But, you stay out, stay out all night, (but I’ll forgive you)
Bring it to me, bring your sweet lovin
Bring it on home to me.

But I forgive you, yeah


John Lennon Bring It On Home Send Me Some Lovin’ (1975)

If you ever,
Change your mind
About leaving,
Leaving me behind
Oh, you better bring it to me,
Bring your sweet loving,
Bring it on home to me
yeah, yeah, yeah

You know I laughed,
Laughed when you left
But now I know,
I only hurt myself
Oh, you better bring it to me,
Bring your sweet loving,
Bring it on home to me
yeah, yeah, yeah, alright

Oh, you better bring it to me,
Bring your sweet loving,
Bring it on home to me,
yeah, yeah, yeah

You know I’ll always,
Be your slave
Till I’m dead,
And buried in my grave
Oh, you better bring it me,
Bring your sweet loving,
Bring it on home to me,
yeah, yeah

Send me some loving,
Send it I pray
How can I love you,
When you’re so far away

Send me your picture,
Send it my dear
So I can hold it,
And pretend you are near

Send me your kisses,
I can feel your touch
I need you, I need you so bad,
Don’t you know I miss you so much

My days are so lonely,
My nights are so blue
I’m here and I’m lonely,
Just waiting for you
yeah, (yeah), yeah, (yeah), yeah, (yeah)

サム・クック:Wikipedia
Bring It On Home to Me:Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です