「What Have They Done To The Rain?」(彼らはその雨に何をした?:邦題『雨を汚したのは誰?』)は、アメリカのフォーク、ブルースのシンガーソングライター、また公民権運動の政治活動家であったマルヴィーナ·レイノルズ(Malvina Reynolds :1900 – March 17, 1978)が1962年に作った反核実験の歌です。歌詞は直接的に『核』に反対したものではなく、草が枯れ、少年がいなくなるといった状況と、静かに優しく降る雨が危険なものに変わってしまった悲しさを韻を踏んだ、子供にも分り易い言葉で描いています。
この歌は1964年にジョーン·バエズとマリアンヌ·フェイスフル、1965年にサーチャーズ、Esther & Abi Ofarimがカバーしました。
この歌が作られてから半世紀、当時の人々の『核』への警鐘は原子力発電優先のプロパガンダによって薄らいできました。しかし今、私たちが失ったものの大きさを考えてみて、最終的には自分たちの手で制御できないものを持つ必要が本当にあったのでしょうか?私は他の人たちの暮らしや生きる土地、命を踏み台にしてまで、富や快適さを得たくはありません。


Malvina Reynolds – What Have They Done To The Rain?


Joan Baez – What Have They Done To The Rain

Just a little rain falling all around
The grass lifts its head to the heavenly sound
Just a little rain, just a little rain
What have they done to the rain
Just a little boy standing in the rain
The gentle rain that falls for years
And the grass is gone, the boy disappears
And rain keeps falling like helpless tears
And what have they done to the rain
Just a little breeze out of the sky
The leaves nod their head as the breeze blows by
Just a little breeze with some smoke in its eye
What have they done to the rain
Just a little boy standing in the rain
The gentle rain that falls for years
And the grass is gone, the boy disappears
And rain keeps falling like helpless tears
And what have they done to the rain
What have they done to the rain

(意訳)

彼らはその雨に何をした

ただ少しの雨が辺り一面に降っているだけ
その草は天の音にその頭持ち上げる
ただ少し雨、ただ少し雨
彼らはその雨に何をした
ただ小さな少年が雨の中に立っているだけ
長い年月降っているその優しい雨
そしてその草は枯れ、その少年は見えなくなり
そして雨は救いのない涙のように降り続く
そして彼らはその雨に何をした
ただそよ風が吹き抜け
その葉は風吹くままに彼らの頭をなびかせる
ただ少し煙まじりのそよ風が眼に入った
彼らはその雨に何をした
ただ小さな少年が雨の中に立っているだけ
長い年月降っているその優しい雨
そしてその草は枯れ、その少年は見えなくなり
そして雨は救いのない涙のように降り続く
そして彼らはその雨に何をした
彼らはその雨に何をした


Malvina Reynolds – God bless the grass

God bless the grass that grows thru the crack.
They roll the concrete over it to try and keep it back.
The concrete gets tired of what it has to do,
It breaks and it buckles and the grass grows thru,
And God bless the grass.

God bless the truth that fights toward the sun,
They roll the lies over it and think that it is done.
It moves through the ground and reaches for the air,
And after a while it is growing everywhere,
And God bless the grass.

God bless the grass that grows through cement.
It’s green and it’s tender and it’s easily bent.
But after a while it lifts up its head,
For the grass is living and the stone is dead,
And God bless the grass.

God bless the grass that’s gentle and low,
Its roots they are deep and its will is to grow.
And God bless the truth, the friend of the poor,
And the wild grass growing at the poor man’s door,
And God bless the grass.

What Have They Done to the Rain : Wikipedia
Malvina Reynolds : Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です