カナダのフォークシンガー、ポピュラー歌手、アン・マレー(Anne Murray:1945-)が歌った1970年のヒット曲「スノーバード」(Snowbird)です。雪国で離れた恋人を想いながら、やはりその土地から離れられない心情を、雪の下で耐えている草花や春の訪れを知らせる鳥、スノーバード(日本ではユキホオジロと訳されますが、北米のフィンチやツグミなどです)に托している歌です。
冬には国土の大部分が雪で覆われるカナダでは、多くの人たちが共感を覚え、大ヒットに繋がったのではないかと思います。この歌でアン・マレーは一躍スターダムに昇り、その後はカナダの国民的歌手となりました。アン・マレーは他にビートルズナンバーのカバーやモンキーズの「デイドリーム・ビリーバー」などのカバー・ヒットも良いのですが、その紹介はまた後日にします。


Anne Murray – Snowbird

Beneath it’s snowy mantle cold and clean,
The unborn grass lies waiting for its coat to turn to green.
The snowbird sings the song he always sings,
And speaks to me of flowers that will bloom again in spring.
When I was young my heart was young then, too.
And anything that it would tell me, that’s the thing that I would do.
But now I feel such emptiness within,
For the thing that I want most in life’s the thing that I can’t win.

Spread your tiny wings and fly away,
And take the snow back with you where it came from on that day.
The one I love forever is untrue,
And if I could you know that I would fly away with you.

The breeze along the river seems to say,
That he’ll only break my heart again should I decide to stay.
So, little snowbird, take me with you when you go,
To that land of gentle breezes where the peaceful waters flow.

Spread your tiny wings and fly away,
And take the snow back with you where it came from on that day.
The one I love forever is untrue,
And if I could you know that I would fly away with you.
Yeah, if I could I know that I would fly away with you.

(意訳)

冷たく清らかな雪のマントルの下に、
まだ生まれる前の草がそのコートを緑に変えるのを待って横たわってるわ。
スノーバードは歌を歌うわ、いつも歌う歌を、
そして、春には再び咲く花たちが私に語っている。
私が若かった頃、私のハートも若かった。
そして、私に語ろうとする何か、それは私が為すべきこと。
でも今私は心の内にはそんな空しさを感じている
人生で勝つことができないことで私が最も望むこと、そのために。

あなたの小さな翼を広げて飛んでお行き、
そして、あなたと一緒にあの日にどこから来た雪を持ち帰っておくれ。
私の愛はいつまでも実らないの、
だから、ねえ私があなたと一緒に飛び去ることができたらなあ。

川沿いに吹くそよ風が言っているよう、
彼は私のハートをまた破るだけ、私は留まることを決めねばならないし。
だから、小さなスノーバード、あなたが行くときに私を一緒に連れてってよ。
穏やかな水が流れ、優しいそよ風のあの土地へ。

あなたの小さな翼を広げて飛んで行き、
そして、あなたと一緒にあの日にどこから来た雪を持ち帰っておくれ。
私の愛はいつまでも実らないの、
だから、ねえ私があなたと一緒に飛び去ることができたらなあ。
ええ、分っているのよ、私があなたと一緒に飛び去ることができたらなあ。

「ダニーの歌」(Danny’s Song)は、ロギンス&メッシーナのケニー・ロギンズが1973年にアン・マレーに提供した歌です。彼女の温かみのある優しい歌声がちょっぴり生きる力を与えてくれる名曲です。

ANNE MURRAY Danny’s Song (Live Midnight Special 1973)

アン・マレーのビルボード1位を獲得した最大のヒット曲「辛い別れ」(You Needed Me)です。

Anne Murray- “You Needed Me”

アン・マレー:Wikipedia

2 thoughts on “スノーバード アン・マレー:Anne Murray – Snowbird”

  1. kazzD18GEさん

    コメントありがとうございます。
    Danny’s songはやっぱり、アン・マレー。
    まったく同感です!
    季節柄Snowbirdの記事を書いたのですが、Danny’s songも載せてしまいました。密かに添えたつもりが、kazzD18GEさんには気付かれてしまいましたね。

  2. Danny’s songはやっぱり、アン・マレーです。
    歌詞とコード進行を手に入れ、練習しましたが、
    若干レンジが広くて苦しみながら歌わあなきゃなりませんでした、結婚式にぴったりの歌なので、どこかで演ろう、と思いつつ・・未発表です。笑
    今や、クラッシクになっちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です