夏は夜遊びの季節。MidsummerのMidnightに聴きたい曲はこれ。

R&B 、サザン・ソウル、アトランティック・ソウルのウィルソン・ピケット(Wilson Pickett:1941-2006)が歌った全米R&B チャート1位に輝いた曲「イン・ザ・ミッドナイト・アワー 」(In the Midnight Hour)です。こんなに素敵でキャチーなR&Bの曲はウィルソン・ピケットでなければ書けなかったと思います。そういえば以前にスティングもどこかのテレビ番組で大好きな曲として紹介していました。

ウィルソン・ピケットはゴスペルグループ、R&B ボーカルグループを経て、1964年にソロシンガーとしてアトランティック・レコードに移籍、その直後に大ヒットとなったのが「イン・ザ・ミッドナイト・アワー 」です。その後、全米R&Bチャートに50曲以上がチャートイン、その内5曲が1位となりました。ほとんどが彼の自作曲ですから、ソングライターとしての才能にも驚かせられます。ウィルソン・ピケットの歌は、パワフルでいて、スタイリシュ、とても都会的です。
「イン・ザ・ミッドナイト・アワー 」は自分のお金で買った始めてのR&Bのレコードで、思い出深いウィルソン・ピケットの名曲です。こんなにカッコイイ曲を知らない今の世代は少しかわいそうな気さえします。


Wilson Pickett – In the Midnight Hour (1965年)

I’m gonna wait till the midnight hour
That’s when my love comes tumbling down
I’m gonna wait till the midnight hour
When there’s no one else around
I’m gonna take you girl and hold you
And do all the things I told you
In the midnight hour
Yes I am
Ooh yes I am
One more thing I just want to say right here

I’m gonna wait till the stars come out
And see that twinkle in your eyes
I’m gonna wait till the midnight hour
That when my love begins to shine
You’re the only girl I know
That can really love me so
In the midnight hour
Oh yeah ..In the midnight hour
Yeah, alright, play it for me one time

***horn solo***

I’m gonna wait till midnight hour
That’s when my love comes tumbling down
I’m gonna wait, way in the midnight hour
That’s when my love begins to shine
Just you and I…Ooh Baby
Just you and I
Nobody around baby, Just, you and I
I’m gonna hold you, In my arms….

(意訳)

真夜中の時間まで待つつもりさ
それは俺の恋人がころがり出て来るときなのさ
真夜中の時間まで待つつもりさ
もう周りには誰もいないとき
俺はお前を受け止めて、ねえ、それでお前を抱きしめるのさ
そして、俺はお前に話したことを全部やるんだ
真夜中の時間に
そうさ俺は
おおそうさ俺は
もうひとつのこと、俺はただ言いたくてたまらない

お星さまたちが出てくるまで待つつもりさ
そして、お前の瞳の中にそのきらめきを見る
真夜中の時間まで待つつもりさ
それは俺の愛(恋人)が輝き始めるときさ
お前は俺が知っているたった一人の娘さ
俺に愛を実感させることができる
真夜中の時間に
おおそうさ真夜中の時間に
イエー、大丈夫、俺のためにもう一度やってくれ

****** ホーンソロ******

真夜中の時間まで待つつもりさ
それは俺の恋人がころがり出て来るときなのさ
真夜中の時間まで待つつもりさ
それは俺の愛(恋人)が輝き始めるときさ
お前と俺だけ…そうさベイビー
お前と俺だけ
周りにゃ誰もいないさ、ベイビー、ただ、お前と俺
俺はお前を抱きしめるんだ、この俺の腕の中に….

以下はウィルソン・ピケットの代表曲たち、自分自身のためのプレイリスト。ピュアソウルを感じてみてくださいね。


Wilson Pickett – If You Need Me 1962


Wilson Pickett – 「ダンス天国」Land Of 1000 Dances 1966


Wilson Pickett – 「ムスタング・サリー」Mustang Sally 1966


Wilson Pickett – I Found a Love, Part II 1967


Wilson Pickett – Everybody Needs Somebody to Love  1967


Wilson Pickett – Fire and Water 1971

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です