Astrud Gilberto -The Girl From Ipanema アストラッド・ジルベルトとスタン・ゲッツ

Andy Williams & Antonio Carlos Jobim – Girl From Ipanema

イパネマの娘(作曲:アントニオ・カルロス・ジョビン作詞:ヴィニシウス・ヂ・モライス)です。ボサノヴァを世界に広めた代表曲です。
ポルトガル語の歌の意味は、「海の道を美しい娘がやって来る。太陽のように輝き、動く姿は詩のよう。ひとりなの?悲しいことでもあるの?美しいだけではないわたし。ひとりで歩いているの。ああ、彼女が愛を知っていれば、もっと美しくなるのに。」という、美しい女性に対するあこがれを歌ったものです。英語の歌詞では、「イパネマから海へ歩いて行く、日焼けした愛らしい娘は、彼が微笑みかけているのに、真っ直ぐ前をみているので、見てくれない。」という、アメリカ人らしく少し積極的です。どちらがいいかは、聴く人の好みですが、歌の内容を知らなくても、この歌の素晴らしいメロディは、充分に魅力的です。
この歌は、実際にリオ・デ・ジャネイロのイパネマ海岸近くに住んでいた、エロイーザ(Heloísa Eneida Menezes Paes Pinto)という、街でも人気の美しい娘にインスピレーションを得て、創作されたものです。エロイーザはこの歌のヒットによって、「イパネマの娘」として有名になりました。上のタイトルの女性が当時のエロイーザです。彼女の娘も美人で、ブラジル版「プレイボーイ」誌のカバーガールとなるほどのスーパーモデルでした。

上の動画は、この歌をヒットさせたアストラッド・ジルベルトとスタン・ゲッツのものです。アストラッド・ジルベルトの素朴で飾り気のなさも不思議な魅力です。次が、この歌の作曲者アントニオ・カルロス・ジョビンがアンディ・ウィリアムス・ショウのゲストとして、アンディ・ウィリアムスとデュエットしたときのもので、歌詞はポルトガル語と英語、相当省略している短縮版です。アントニオ・カルロス・ジョビンだけのものや、フランク・シナトラとの共演などの動画もYouTubeにあります。
ちなみに、リオ・デ・ジャネイロのアントニオ・カルロス・ジョビン国際空港は、彼の死後、その功績を称えて改名されたものです。

Garota de Ipanema:イパネマの娘・ポルトガル語歌詞

Olha que coisa mais linda
Mais cheia de graça
É ela menina
Que vem e que passa
Num doce balanço
A caminho do mar

Moça do corpo dourado
Do sol de lpanema
O seu balançado é mais que um poema
É a coisa mais linda que eu já vi passar

Ah, por que estou tão sozinho?
Ah, por que tudo é tão triste?
Ah, a beleza que existe
A beleza que não é só minha
Que também passa sozinha

Ah, se ela soubesse
Que quando ela passa
O mundo inteirinho se enche de graça
E fica mais lindo
Por causa do amor

イパネマの娘・訳詞

何んて美しいか見てごらんよ
より多くの恵みだよ
あの娘のことだよ
やって来て行っちゃう
甘いスイングで
海へ行くとこなのかな

黄金色の娘の身体
イパネマの日からは、
君のバランスは詩以上だよ
私が今まで見た中で最も美しいものだ

ああ、なぜ私はなぜ一人でいるのかと?
ああ、なぜすべてがとても悲しそうなの?
ああ、こころときめく
美しいよ私だけではないよ美しさそれは
また、

ああ、彼女が気づいてくれれば
それは彼女が通り過ぎるときに
みんな夢中なのさ
そしてそれはより美しくなるんだ
愛のために

The Girl From Ipanema:イパネマの娘・英語歌詞作詞ノーマン・ギンベル (Norman Gimbel)

Tall and tan and young and lovely, the girl from Ipanema goes walking
And when she passes, each one she passes goes – ah
When she walks, she’s like a samba that swings so cool and sways so
gently
That when she passes, each one she passes goes – aah
Ooh But I watch her so sadly, How can I tell her who loves her,
Yes it would give his heart gladly,
Tall, and tan, and young, and lovely, the girl from Ipanema goes walking
And when she passes, he smiles – but she doesn’t see

(Ooh) But I watch her so sadly, how can tell her I love her
Yes I would give my heart gladly,
But each day, when she walks to the sea
She looks straight ahead, not at me
Tall, and tan, and young, and lovely, the girl from Ipanema goes walking
And when she passes, I smile – but she doesn’t see
(She just doesn’t see, she doesn’t see)

アストラッド・ジルベルト イパネマの娘(日本語)1969 / The Girl From Ipanama

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です