1960年代から1970年代にかけて活躍したアイク・ターナーとティナ・ターナーの「ナッツブッシュ・シティリミッツ」です。ロック、ソウル、ブルース、ファンクといった音楽ジャンルの垣根を越えたサウンドの曲でした。二人の曲と言えばグラミー賞を獲得した「プラウド・メアリー」のカバーが有名ですが、オリジナル性とキャッチーでファンキーな魅力ではこれが一番でした。また16年間に活動を続けていた二人のデュオとしての最期の曲としても知られています。
ボブ・シーガーとThe Silver Bullet Bandのロック仕立てのカバーもありましたが、やはり時代を超えて聴くべきはこれ、1974年のオリジナルと90’sのヴァージョンもどちらもカッコいいので聴き比べてみてください。

「ナッツブッシュ・シティ・リミッツ」はティナ・ターナーの生まれ故郷である、テネシー州ヘイウッド郡にある小さな町(人口200人程度)を歌ったもので、元々は当時の主要農産物である綿花栽培のために、ミシシッピーのデルタ地域のプランテーション従事者用に主に黒人労働者が移住された土地でした。この歌にある「シティ・リミッツ」というのは、市街地の行政区分といった意味です。またナッツブッショは正規の行政区分ではなく、言ってみれば日本の「字」といった呼び方の町です。
今では「ティナ・ターナー・ハイウェイ」と名付けられたハイウェイ19号は綿花を運ぶ街道として整備されました。といっても街道沿いには小さな店と人家が点在する程度で昔ながらのちょっと寂れた田舎町であるようです。歌詞にはそんな土地に暮らす町の様子が歌われています。町を綺麗に保ち、速度制限を守り、決まった日常を過ごし、畑に出て働き、労働者の日(レイバーデイ、アメリカの祝日:Labor Day:9月の第1月曜日)の祝日をピクニックで楽しみ、といった信仰深い慎ましい暮らしなどです。

最後の「You have to watch what you’re putting down」。ちょっと考えてみてよ。または、どんなものか見なきゃ。この一行の言葉でこの歌の感じ方が違ってきます。こんなとこもう嫌だと思うか、何もないけどちょっと懐かしいところと思うかです。あるいは愛憎のどちらもあるのでしょう。抜け出したいと気持ちと愛おしさが交錯する想い、故郷というものはそのようなものでもあると思います。

Ike & Tina Turner – Nutbush City Limits 1974

【Nutbush City Limits 歌詞】

A church house gin house
a school house outhouse
on Highway Number Nineteen
The people keep the city clean.
They call it Nutbush, oh Nutbush.

Call it Nutbush city limits.
Twentyfive was the speed limit
Motorcycle not allowed in it
You go t’the store on Friday
You go to church on Sunday.
They call it Nutbush, oh Nutbush.

Call it Nutbush city limits, Nutbush city limits.
You go t’the fields on week days
And have a picnic on Labor Day
You go to town on Saturday
But go to church ev’ry Sunday.
They call it Nutbush, oh Nutbush.

Call it Nutbush city limits, Nutbush city limits.

(Instrumental)

No whiskey for sale
You can’t cop no bail
Saltpork and molasses
Is all you get in jail.
They call it Nutbush, oh Nutbush.

Nutbush city limits, Nutbush city limits,
is a good old town in Tennessee
A quiet little old community
A one-horse town
You have to watch what you’re putting down
In old Nutbush

【ナッツブッシュ・シティ・リミッツ 意訳】

教会の家 ジンハウス
学校 納屋
ハイウェイ19号
人々は街をきれいに保つ
彼らはそれを ナッツブッシュと呼んでいます、ああ、 ナッツブッシュ
彼らはそれをナッツブッシュ・シティ・リミッツと呼んでいます

速度制限は25マイル(約40キロ)
モーターサイクルはそこでは不許可
あなたは金曜日に店に行く
あなたは日曜日に教会に行く
彼らはそれを ナッツブッシュと呼んでいます、ああ、 ナッツブッシュ
彼らはそれをナッツブッシュ・シティ・リミッツと呼んでいます

あなたは平日に畑に行く
労働者の日(レイバー デー)にピクニックをする
あなたは土曜日に町に行く
毎週日曜日に教会に行く
彼らはそれを ナッツブッシュと呼んでいます、ああ、 ナッツブッシュ
彼らはそれをナッツブッシュ・シティ・リミッツと呼んでいます

ウィスキーは販売禁止
保釈金なしじゃ
塩豚肉と糖蜜
刑務所で貰えるのはそれがすべてよ
彼らはそれを ナッツブッシュと呼んでいます、ああ、 ナッツブッシュ
彼らはそれをナッツブッシュ・シティ・リミッツと呼んでいます

ナッツブッシュシティリミッツ、 ナッツブッシュシティリミッツ
テネシー州の小さな旧市街
静かな小さなコミュニティ
馬1頭の町
あなたは分からきゃ、それがどんなものか
オールドナットブッシュで

Tina Turner – Nutbush City Limits (The 90’s Version) (2002 Digital Remaster).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です