フランコ・ゼフィレッリの映画「Brother Sun, Sister Moon」(1972)から主題歌と挿入歌「On This Lovely Day」です。
フランコ・ゼフィレッリは、1968年の「ロミオとジュリエット」(原題:Romeo and Juliet)(レナード・ホワイティング、オリヴィア・ハッセーの共演と音楽をニーノ・ロータが担当)を監督したことで有名ですが、それに続いた1972年の「ブラザー・サン、シスター・ムーン」も前作に劣らぬ良い映画でした。この作品は音楽をドノヴァンが担当し、当時のデビューした新人俳優(後に家族を養うために安定した雇用を見つけるために俳優業から去った)グラハム・フォークナーが演じたフランチェスコ会の創立者、聖フランチェスコの半生を描いた作品です。
しかしこれは単なるキリスト教における歴史的偉人の伝記映画ではありません。ひとりの後に聖フランチェスコと呼ばれる等身大の若者を、美しいみずみしい映像で、純粋で情熱的な青年の姿として描き出した映画です。この映画の良いところは、宗教を超えて、自らの信じる生き方を通して得た、何ものにも束縛されない自由の素晴らしさ。時の教会の権力に対しても正しいことを正しいと言う勇気などが描かれていたことです。こうした18世紀の聖フランチェスコの精神は、20世紀のマザー・テレサ(Mother Teresa)まで引き継がれ今日まで続いています。富や物、権力などを追い求めるだけでは満たせれぬ、得られぬ、真に豊かな生き方があります。そうした生き方を選んだ人たちにとっては、周囲の評価などは何の役にも立たない価値観だと言えるのでしょう。若い人にとっては、人間の尊厳と何かという疑問に対する一つの答えも見つけられる良い作品ですので、感受性が鈍る前に是非観てほしいと思います。

Brother Sun, Sister Moon

Brother Sun, Sister Moon DONOVAN

Brother Sun and Sister Moon
I seldom see you seldom hear your tune
Preoccupied with selfish misery

Brother Wind and Sister Air
Open my eyes to visions pure and fair
That I may see the glory around me.

I am God’s creature, of Him I am part
I feel His love awakening my heart.

Brother Sun and Sister Moon
I now do see you, I can hear your tune
So much in love with all that I survey.

(意訳)

ブラザー・サン&シスター・ムーン
わたしはまれにあなたを見ることがある、まれにあなたの調べを聞くことがある
わがわまなみじめさに心奪われて

ブラザー・ウインド&シスター・エアー
大きくわたしの目を広げ、純粋に心に偽りなく見るもの
それはわたしに見えるわたしを取り巻く栄光だ

わたしは神の創造物、主の一部であるわたし
わたしはわたしの心を目覚めさせる主の愛を感じる

ブラザー・サン&シスター・ムーン
わたしは今あなたを見み、わたしはあなたの調べを聞くことができる
それほど多くの愛をもって見晴らし

Doce é Sentir (意味:甘いと感じること)
イタリアの作曲家リズ・オルトラーニによる編曲とエリザベス・ラセルダ(Elizabete Lacerda)の歌唱。これはドノバンのオリジナルを超えた切なくなるほど美しいカバーです。
歌詞の内容は「ブラザー・サン&シスター・ムーン」とほぼ同じですが、甘いと感じること(感受性)、その先に謙虚さや愛があり、私はその大きな自然の恵み、生命の源の創造物というものです。
そこに当たり前にあると思うものも、感受性があれば物の見方も違ってきます。甘いと感じること、美しいと感じること、可愛いと感じること、有難いと感じることなど、そうした些細なことで人生はより豊かになると思います。宗教を抜きにしても、私たち日本人はそうして暮らしてきたのですから、この感じは分かりますよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

On This Lovely Day [from Franco Zeffirelli’s “Brother Sun, Sister Moon”] (1972)

Donovan – On This Lovely Day

Birds are singing sweet and low
From the trees that gently grow,
Soft and soothing breezes blow
On this lovely day.

To the meadows there go I
To wander as the butterfly
How the flowers please me eyes
On this lovely day.

I wish it could be always
Life is easy on such a day
I wish this peace on everyone
On this lovely day,

On this lovely day.
I wish this peace on everyone
On this lovely day.

(意訳)

鳥たちは愛らしく静かに歌う
優しく茂った木々から
柔らかに安らぐ風が吹く
この素敵な日

草地へとわたしは行こう
蝶のように彷徨おう
花々はこんなにも目を楽しませてくれる
この素敵な日

わたしは願うんだいつもそうであればと
そんな日には人生は容易いこと
わたしは願うんだこの平和が誰にもと
この素敵な日

この素敵な日
わたしは願うんだこの平和が誰にもと
この素敵な日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

San Francisco de Asis 1972

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です