マイク・シャープ Mike Sharpe The spooky

「スプーキー」はサクソフォン奏者、マイク・シャープの1966年曲で、翌年1967年にロックグループ「ザ・クラシックス・フォー:Classic IV」が歌詞を付けてアレンジしスマッシュ・ヒットとなりました。また同年にダスティ・スプリングフールドがカバーしこれもヒットしました。ヒットの要因としては、曲の良さと共に、曲名の「スプーキー」(spook(幽霊:おびえ)から不気味な歌として、歌詞の内容はともかく「不気味ソング」の定番として知れ渡ったことが挙げられると思います。
次に歌詞の内容ですが、これは恋愛におけるちょっと悪戯から不安感・不信感が増して愛情がなくなるという状況です。と同時にそんなに好きでもない相手の誘いに乗ってしまう、自分では分からない揺れ動く気持ちが不気味なことと言っています。まあ、この世で一番不気味で分からないのは、人間というのは本当のことですから、子供たちが恐がるのもうなずけます。

ザ・クラシックス・フォー Classic IV – Spooky 1967

In the cool of the evening when ev’rything is gettin’ kind of groovy,
I call you up and ask you if you want to go and meet and see a movie,
First you say no, you’ve got some plans for the night,
And then you stop, and say, “All right.”
Love is kinda crazy with a spooky little girl like you.
You always keep me guessin’, I never seem to know what you are thinkin’.
And if a fella looks at you, it’s for sure your little eye will be a-winkin’.
I get confused, ‘cause I don’t know where I stand,
And then you smile, and hold my hand.
Love is kinda crazy with a spooky little girl like you.
Spooky!
If you decide someday to stop this little game that you are playin’,
I’m gonna tell you all what my heart’s been a-dyin’ to be sayin’.
Just like a ghost, you’ve been a-hauntin’ my dreams,
So I’ll propose, on Halloween.
Love is kinda crazy with a spooky little girl like you.
Spooky,
Spooky,
Spooky,
Oh-whoa, all right,
I said Spooky!

※Classic IVではgirlとboyが入れ替わります。
後ははダスティ・スプリングフールドの歌詞とほどんと同じなので、重複を避けるために違うところを書いておきます。
また最後には、もうこんな気味悪い女の娘はうんざり、なのにハロウィーンに提案(プロポーズ)するつもり? (解釈によっては結婚申し込みと別れ話の提案、どちらともとれます。)だから、恋愛は奇妙なものなのですね。
これに対してダスティ・スプリングフールドの歌詞では、もう別れるつもりということを暗示しています。またハロウィーンという言葉もありません。

Dusty Springfield – Spooky 1967

【Dusty Springfield Spooky 歌詞】

In the cool of the evening
When everything is getting kind of groovy
You call me up and ask me
Would I like to go with you and see a movie?
First I say no, I’ve got some plans for tonight
And then I stop and say all right
Love is kind of crazy with a spooky little boy like you
You always keep me guessing
I never seem to know what you are thinking
And if a girl looks at you
It’s for sure your little eye will be a-winking
I get confused, I never know where I stand
And then you smile and hold my hand
Love is kind of crazy with a spooky little boy like you
Spooky
If you decide some day to stop this little game that you are a-playing
I’m gonna tell you all the things my heart’s been a-dying to be saying
Just like a ghost you’ve been a-haunting my dreams
But now I know you’re not what you seem
Love is kind of crazy with a spooky little boy like you
Spooky
Ahh, ahh, spooky, mmm, spooky, ahh, ahh, ahh, spooky, ooh, spooky
Ahh, aah, aah, spooky?

【意訳】

夕暮れの冷気の中
すべてが何だかイイ感じになってくる頃
あなたは電話してきてそして訊くの
「僕は君と一緒に映画を観に行きたいんだけど?」
最初に私はノーと言うの、私は今夜やることがあるの
でもその後、私はやめてそして「いいわよって答えるの」
恋ってクレージーなこと、あなたに似ている不気味な小さな子と一緒にいるよう
あなたって何時も私のこと伺っているわ
私はあなたが何を考えているのかまるで分らないの
そしてもし一人の女の娘があなたを観たら
確かにあなたの小さな目は瞬きしだすわ
私はとり乱して、私が何処にいるのかも分からないの
でもその後、あなたは微笑んで私を抱きしめるの
恋って何だかクレージーなこと、あなたに似ている不気味な小さな子と一緒にいるよう
不気味よ
もしもあなたが何時かこのつまらないゲーム、あのあなたのお遊びをやめようと決めたら
私はあなたに全てのことを告げなるつもり、私の心はもう死んでいるって言うの
まるでゴースト、あなたは私の夢をハンティングしてるの
でも今は私には分かるの、あなたが思っているあなたじゃないって
恋って何だかクレージーなこと、あなたに似ている不気味な小さな子と一緒にいるよう
不気味よ
Ahh, ahh, spooky, mmm, spooky, ahh, ahh, ahh, spooky, ooh, spooky
Ahh, aah, aah, spooky?

ザ・プッピーニ・シスターズ The Puppini Sisters – Spooky 2007

アトランタ・リズム・セクション Atlanta Rhythm Section 1979年 – Spooky

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です